[ジャニーズ最新言行録]

嵐・大野智、『失恋ショコラティエ』妄想シーンに「すごく過激、ダメだよ」と閉口?

oonosatoshi03.jpg
嵐でラブシーンできるのはまつもっさんだけだもんね

 視聴率が月9にしては振るわない状況が話題になっている、嵐・松本潤主演の『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)。ドラマも終盤を迎え、残すところ2話となった。第7話から視聴率が右肩下がりで、後番組の『SMAP×SMAP』に負けることもあったが、ドラマ内容にハマっているファンも多いよう。特に、松本演じる小動爽太の「妄想シーン」は、濃厚なキスを始めとした過激なシーンの連続で、ネット上でも話題になっている。

 そんな松本の刺激的な姿に夢中になっている1人なのが、大野智。ラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)では、松本の代表作『花より男子』(TBS系)を思い出しながら、現在放送中の『失恋ショコラティエ』について「タイミングよくね、(放送を)見れるんですよ。だから見てますよ。で、次の日、マツジュンに会うっていう贅沢」と、ドラマをチェックしていることを明かした。しかし、大野もやはり妄想シーンには思うところがあるらしく、

「妄想のシーンが非常に過激ですね~。妄想、多くない? ダメだよ、マツジュン。提案しちゃ。妄想のシーンをもっと増やしたい、とか。言ってはダメだよ、マツジュン。限度ってものがありますからね。どこを見ていいかわからないんですよね~。その後、次の日マツジュンに会うと」

と、リーダーならではの目線で笑いながら苦言(?)を呈していた。とはいえ、ドラマを見た翌日に本人に会えるとはなんとも贅沢。かつては、二宮和也が隣に座っている飛行機の中で、二宮主演の映画『プラチナデータ』を見たことがあったそうで、「一回一時停止して、ニノ見たもんね。『俺、贅沢』と思いながら(笑)。僕にしか味わえない楽しみですよ」と、メンバーならではの幸せの瞬間を振り返った。

 一方、大野の「妄想多すぎ!」という意見を知ってか知らずか、松本も「このドラマ、本当に妄想に時間と手間かけ過ぎだよね 笑」と携帯サイト「Johnny’s Web」の連載で本心をポロリ。9話で登場した、爽太がショコラティエからホストに転落してしまう妄想シーンでは、「最初は前髪を長くしたいって言っていたんだけど、メイクさんがイケてるかつらを作ってくれました」とのことで、松本も楽しんで演じているんだとか。完成したドラマを見ながらスタッフとご飯を食べたりと、現場の雰囲気も和気あいあいとしているようだ。

 前回は視聴率11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となんとも微妙な数字となった『失恋ショコラティエ』だが、残り2話でどれだけ伸ばすことができるのか? 大野がリアルタイムで見ているとあっては、ファンもそれに追従した方がよいのかも?

オタクの妄想も再現してよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー