好感度上昇も打ち止め?

坂上忍、32歳女性との恋愛をめぐり、マスコミ内で“アンチ坂上派”爆増中の理由

giakunosusume.jpg
『偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方』(講談社)

 再ブレーク中の坂上忍が10日、海外ドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』の放送開始記念イベントに登場した。毒舌キャラを武器に、テレビで見ない日はない売れっ子となった坂上は、最近は芸能イベントにも引っ張りだこ。この日も10台以上のテレビカメラが集まる盛況ぶりだったという。

「坂上は叩きようがない芸能人。世間が言いたくても言えないことを代弁するマツコ・デラックスタイプの毒舌キャラですが、裏では礼儀正しい常識人なんです。今回のイベントでも、女性週刊誌に報道されたエステティシャンの32歳女性との交際について、聞かれるがままに話してくれました。あまりにもプライベートな質問が続くので、主催側が打ち切ろうとしても、坂上は『まだ時間はありますから』と、質問が途切れるまで応じてくれました」(ワイドショースタッフ)

 芸能マスコミからの好感度もうなぎ上りのようだが、女性報道陣からは「お相手の女性、かわいそうじゃない?」との声が上がり始めているという。

「坂上は会見やテレビで、この女性について『彼女に一番近い人だけど、彼女ではない』『付き合おうとは言っていない』『結婚はない』とハッキリ言っているんです。しかし『フラれるとしたら僕の方』と話すことで、“彼女はこの関係を納得済みですよ! 立場が弱いのは僕の方なんです”とうまくアピールして、世間に叩かれないようにしている。色々とカムフラージュもしているようですが、結局この女性はいわゆる“都合のいい女”ですよ」(女性誌記者)

 坂上は交際報道が出たことで、女性と込み入った話になるかもしれないと思っていたそうだが、「大変なお仕事だね、頑張って」と言われただけだったとか。

「そのエピソードを、坂上は“賢くて面倒臭くない、いい女でしょ?”といった風に話していましたが、『結婚はない』宣言をされている彼女の立場からしたら、色々思うことはあっても、それしか言えないのでは。今後、女性が『結婚という未来がないのなら』と坂上の元を去ったとしても、坂上は『フラれた』という立場になり、世間からの批判も受けづらい。やり方がうまいというか、小ずるいというか……。女性マスコミの間では、アンチ坂上が増えつつありますよ」(同)

 絶妙なバランスで芸能界に突如君臨した坂上だったが、この女性の存在が、人気のほころびとならなければいいのだが。

32歳女性に感情移入しすぎちゃったの巻

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!