その他
「J-GENERATION」レビュー

「J-GENERATION」4月号、目玉は松本潤の喫煙写真と櫻井翔の髪型遍歴

Jgene1404.jpg
「J-GENERATION」4月号(鹿砦社)

 毎号、さまざまな特集やフォトコレクションでジャニーズアイドルの魅力を多角的に紹介している「J-GENERATION」(鹿砦社)。2014年4月号の見どころは、なんといっても嵐のページ!

 「嵐 なかよしPHOTOスペシャル」では、普段から仲の良さで知られる嵐メンバーのライブ写真を中心に、いちゃいちゃショットを厳選! 目を見つめ合いながらギリギリまで顔を近づけている松本潤&相葉雅紀、無邪気な笑みを浮かべる大野智の腰を抱き寄せる相葉、松本に顔をなぞられ思わず目を瞑って昇天する大野、おどける二宮の背後からぴったり体をくっつける松本、「A・RA・SHI」のスケスケ衣装をまとって乳首をアピールする櫻井翔&松本など、これでもかというほど絡み合っています! 普段は「相葉ちゃん」の愛称で温厚な印象の強い相葉の、メンバーの肩や腰を引き寄せる手つきが艶めかったり、「しっかり者」というパブリックイメージの櫻井がデレデレの笑顔でメンバーに甘えていたり。メンバー5人とファンだけのコンサートという空間だからこそ見られる、メンバーの素顔が垣間見れます。

 「松本潤 Bitter or Sweet? フォトコレクション」では、「天使潤」「ショコ潤」などカテゴリーごとに松本のさまざまな表情を捉えています。現在放送中の主演ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)では、片思いに苦しむショコラティエを演じている松本。「ショコ潤」のページには、「さあ、それじゃあ、ドロドロに汚れましょうか」「片思いなんて……俺だけで充分だよ」といった劇中の名セリフと、それを体現しているかのような松本の写真をセレクト。上半身裸の松本と甘いセリフの融合はスイート! 「花男」のページでは、松本の代表作『花より男子』(TBS系)撮影中の松本の喫煙写真など、珍しいショットもあるので、こちらもお見逃しなく!

 「連載・嵐のCoolなヘアスタイルコレクション」、第4回は櫻井をフィーチャー。ニュースキャスターという一面を持っているからか、近年は落ち着いたカラーに清潔感あふれるナチュラルなヘアスタイルが定番となっている櫻井ですが、過去のヘアスタイルはかなり個性的! 櫻井はJr.時代、心身ともにかなりとんがっていたことはファンにも知られていますが、あらためてドレッドヘアやかなり明るい茶髪の時代を見ると、自分を表現しようと模索していた様が見て取れます。同時に、色つきサングラスといった時代を感じるファッションや櫻井のフェイスラインの変化なども楽しめますよ。

 今号は、ジャニーズの舞台やコンサートのレポートも充実。まずタッキー&翼の今井翼が座長を務めた『PLAYZONE IN NISSAY2014』。近藤真彦の「ケジメなさい」やシブがき隊の「100%…SOかもね」といった往年の名曲から、SMAPの「青いイナズマ」、NYCの「よく遊びよく学べ」といった近年のヒットナンバーを使い、観客を魅了してきた今回のプレゾン。今井は、「It’s BAD」で当時少年隊が着ていたものと同じ赤いタンクトップ姿で登場し、気合も十分。中山優馬は、今井・屋良朝幸ともに少年隊の「仮面舞踏会」を堂々と披露し、キャリアの長い2人にも負けないほどの実力を見せつけました。今井、屋良、中山の写真はもちろん、ふぉ~ゆ~やThey武道、TravisJapanら人気Jr.の写真も豊富に、詳細を伝えています。

 ライブレポは、昨年末に京セラドーム大阪で行われたKAT-TUNのカウントダウンライブを取り上げています。赤西仁に引き続き、昨年は田中聖が脱退し、ファンを激震させたKAT-TUN。普段のコンサートでは華々しいオープニングと決まっていますが、今回は無音の中で4人が話始めるという異例の展開になったとか。神妙なあいさつから一転、過去を振り返りながらのメドレーや、4人を思わせる不死鳥の演出など、過去と未来をつなぐ充実のステージになったよう。こちらもたっぷりと写真を使ってレポートしていますので、足を運べなかった人も会場にいた方もぜひご一読を!

「J-GENERATION」4月号の詳細はこちら

髪の毛の1本1本からサクラップが聞こえてきそうなドレッドでした!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク