原作ファンからは怒りの声も

武井咲、映画『クローバー』主演決定も「ゴリ押し対決で剛力彩芽に敗北」の現状

emiHP.jpg
武井咲オフィシャルサイトより

 武井咲が主演する映画『クローバー』の情報が解禁され、話題になっている。同名の人気少女漫画が原作で、武井はオフィスラブに翻弄されるOL役に挑戦するという。相手役を務めるのは、関ジャニ∞の大倉忠義で、武井とは2013年のドラマ『お天気お姉さん』(テレビ朝日系)に続く2度目の共演となる。原作にはベッドシーンもあり、ファンとしては複雑な心境かもしれないが……。

「各メディアで大々的に発表されたものの、ネット上は人気作品の映像化にありがちな『イメージと違う!』という声であふれ返っています。『(キャスト担当者は)原作読んでいるのか?』『主人公のどちらもイメージが違う』ということに加えて、かねてから“ゴリ押し”と呼ばれる武井の主演についても、『ゴリ押しをやればやるほど嫌われて、逆効果になることをいい加減気付け』と批判が出ている有り様です」(芸能ライター)

 武井と同事務所で、度々ゴリ押しっぷりが話題になる剛力彩芽も、『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)で主演した際にこうした批判が巻き起こっていたことは記憶に新しい。

「武井は、上戸彩や剛力らと同じく、所属事務所『オスカープロモーション』期待の“社長班”で、かつて上戸に課された『恋愛する時間がまったくないほど』のスケジュールを詰められています。しかし最近は、歌手活動も並行して行っている剛力に比べれば、武井の過剰露出は減少してきているようです。見方によっては、武井は剛力に負けたということでしょうね」(週刊誌記者)

 もはや同プロのゴリ押しは、一般にも浸透してしまった印象すらあるものの、武井に関しては少々事情が変わってきたのかもしれないという。オスカー内では、過去にはなかったこんな事例が発生しているそうだ。

「オスカーは、中堅以下の“人員整理”を始めているようで、先日も単発ドラマなどによく出演していた女優が、『オスカーとの契約が終了したので事務所を探しています』と、各関係者に挨拶まわりをしていました。所属タレントの人数を絞るということは、より“社長班”のゴリ押しを強化するのかと思いきや、武井に関してはそんな気配は一切ない。今後、武井の主演級のキャスティングが減少していく前兆なのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 かつての“3期連続ドラマ主演”といった異常なほどのゴリ押しがなくなった今、武井は事務所内でポジションをキープできるのか。映画『クローバー』で披露されるかもしれないベッドシーン以上に、武井の今後が気になってしまうところだ。

決まり手はDANCEだった模様

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク