今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

織田裕二、バイク事故! 不謹慎ながらも気にせざるを得なかったアノこと

odayuuji01.jpg
久々に出てきてそれかよ、UZ!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎唯一無二の男・UZ
 織田裕二、バイク事故!! 織田ちゃん、大丈夫!? と心配するフリをしながら、みんなの興味はもう「オカマ掘られたのか否か」にしかありませんね。ケガは軽かった。それはよかった。でも、掘られてなかった。なんだ掘られてなかったのか。つまんないの。事故のニュースで、ケガの有無や程度よりも、ぶつかったその「方向」が注目されるっていうのは、織田ちゃん以外じゃ考えられないベクトルである。そのオンリーワン、みんな嫌いじゃないぞ。頑張れ織田ちゃん! 何を。

◎ポスト小森純の使い途
 ポスト小森純の呼び声も高い今井華。ってどっかの夕刊紙に書いてあったのをそのままコピペしてみた。要るか? 「ポスト小森純」。ま、ギャルモ系タレントというのは「ダメ」をわかりやすく示してくれる典型例として、バラエティで一定の需要はあるんだろうけど。いかんせんギャルなもんで、出てくるそばからすぐでき婚とかでいなくなっちゃう。鈴木奈々も入籍したしな。「急遽入荷しました」てなタイミングで市場独占である。

 しかし今井華。顔かたちはもちろん、酒焼けよろしくしゃがれた声といい、ずっとしゃべり続ける沈黙恐怖症な感じといい、ミラクルひかるそっくりである。飛んで火に入るレパートリーというのはものまねにしては珍しいが。決めゼリフも「バイブスきたー」と言っとけばOKと、向こうで提示してくれているし。ぜひそのまま取り入れ、披露してほしい。

◎本田をめぐる不治の病
 ものまねといえば、『R‐1ぐらんぷり』以降、CM、スポーツニュース、インタビューと、いついかなるところで本田圭祐を見ても、じゅんいちダビットソンにしか見えなくなってしまった。もう一生直らないだろう。あの「取材を巻くためニセモノの本田をいっぱい用意する」っていうスカした設定のミンティアのCMも、ニセモノの8等身のガイジンの中に1人、じゅんいちダビットソン入れといてほしかったなぁ。本田って、死んでもじゅんいちダビットソン公認しなそうだな。そこがまたじゅんいちダビットソンで笑えるところなのだが。無回転~。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー