今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

織田裕二、バイク事故! 不謹慎ながらも気にせざるを得なかったアノこと

odayuuji01.jpg
久々に出てきてそれかよ、UZ!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎唯一無二の男・UZ
 織田裕二、バイク事故!! 織田ちゃん、大丈夫!? と心配するフリをしながら、みんなの興味はもう「オカマ掘られたのか否か」にしかありませんね。ケガは軽かった。それはよかった。でも、掘られてなかった。なんだ掘られてなかったのか。つまんないの。事故のニュースで、ケガの有無や程度よりも、ぶつかったその「方向」が注目されるっていうのは、織田ちゃん以外じゃ考えられないベクトルである。そのオンリーワン、みんな嫌いじゃないぞ。頑張れ織田ちゃん! 何を。

◎ポスト小森純の使い途
 ポスト小森純の呼び声も高い今井華。ってどっかの夕刊紙に書いてあったのをそのままコピペしてみた。要るか? 「ポスト小森純」。ま、ギャルモ系タレントというのは「ダメ」をわかりやすく示してくれる典型例として、バラエティで一定の需要はあるんだろうけど。いかんせんギャルなもんで、出てくるそばからすぐでき婚とかでいなくなっちゃう。鈴木奈々も入籍したしな。「急遽入荷しました」てなタイミングで市場独占である。

 しかし今井華。顔かたちはもちろん、酒焼けよろしくしゃがれた声といい、ずっとしゃべり続ける沈黙恐怖症な感じといい、ミラクルひかるそっくりである。飛んで火に入るレパートリーというのはものまねにしては珍しいが。決めゼリフも「バイブスきたー」と言っとけばOKと、向こうで提示してくれているし。ぜひそのまま取り入れ、披露してほしい。

◎本田をめぐる不治の病
 ものまねといえば、『R‐1ぐらんぷり』以降、CM、スポーツニュース、インタビューと、いついかなるところで本田圭祐を見ても、じゅんいちダビットソンにしか見えなくなってしまった。もう一生直らないだろう。あの「取材を巻くためニセモノの本田をいっぱい用意する」っていうスカした設定のミンティアのCMも、ニセモノの8等身のガイジンの中に1人、じゅんいちダビットソン入れといてほしかったなぁ。本田って、死んでもじゅんいちダビットソン公認しなそうだな。そこがまたじゅんいちダビットソンで笑えるところなのだが。無回転~。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク