“少なくとも”50億ってのがミソ

秋元康の年収は50億円以上!? AKB48メンバーの事務所が嘆く“銭ゲバ”システム

akbmember.jpg
秋元康の華やかなアリたち(撮影:岡崎隆生)

 AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏の平成24年度の年収が、50億円以上とみられると一部メディアが報道し、ネット上で話題になっている。同年度には「ギンガムチェック」「UZA」など5曲がミリオンを突破しているAKB48だが、その利益の大半はやはり秋元氏の懐に流れているのだろうか。

 国税庁の調査では、「文筆・作曲・美術家」の区分で平成24年度の所得が50~100億円の人間が1人であることから、状況的にこれが秋元氏とみられているという。AKB48だけでなくSKE48やNMB48ら関連グループの総売り上げだけで200億円以上となるだけに、この印税だけでも十数億円。さらに同年にはパチンコ台のリリースもあり、同じく権利料として十数億円が入るのは間違いないという。


「また秋元氏には、過去のカラオケ印税でも相当な金額が毎年支払われています。これに関してはAKB48の楽曲だけでなく、美空ひばり『川の流れのように』やおニャン子クラブの各楽曲など、ヒット曲がいくらでも挙げられます。現在は活動をしていなくとも、毎年数千万単位のカラオケ印税が支払われるアーティストは大勢存在しますからね」(週刊誌記者)

 またAKB48の研究生は1公演のギャラが5,000円程度ということが秋元氏の口から明かされているだけに、こうした秋元氏の“一人勝ち”に対して、「メンバー全員に300万ずつくらい配れよ」というネットの声も。

「人気メンバーに関しても、公演やCMに出演するたびに、秋元氏の取り分が必ず発生していることから、ある大手プロダクション関係者は『どれだけAKB48メンバーに仕事をさせても、事務所の旨味はほとんどない』と漏らしていました。最盛期の前田敦子や大島優子クラスにしても、住まいや飲食費などは事務所持ちであるものの、手取りのギャラは月に20~30万円程度だったと言われています。所属事務所がバラバラで、給与システムもまちまちなだけに、少し前に週刊誌にスキャンダル写真が掲載されたメンバー・Kについては、親戚が酒の席で『彼女はまだ二十歳そこそこなのに年収が1,000万円以上ある』と、親しい友人に明かしていたそうですが」(広告代理店関係者)

 秋元氏は過去に週刊誌で、こうして手にした巨額のマネーを海外カジノにつぎ込んでいたと報じられたことも。どこまでが真実なのかは当人や関係者以外に知る由もないが、メンバーや所属事務所にまったく還元されていないのであれば、ファンや一般人の不信感は募るばかりではないだろうか。

秋元先生のお布施をされる方はこちらをポチッと

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク