日テレの黒歴史へ――

『明日、ママがいない』、“魔王”役・三上博史ファンサイトがクレーマーにより閉鎖へ

asitamamagainai.jpg
『明日、ママがいない』(日本テレビ系)公式サイトより

 第1話放送直後から、「放送中止要請」「CM放映見合わせ」など、連日放送が相次いでいた芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)。しかし、来週の最終回を前に、「話題にすら上がらなくなった」ことで、関係者からは驚きの声が出ているという。

「第1話の放送後に、熊本・慈恵病院が『差別的な内容だ』と抗議会見を開き、放送中止や謝罪を要請していました。日テレ側は放送継続こそ宣言したものの、謝罪文を出して内容の一部変更を宣言し、一連の抗議に対して歩み寄りの姿勢を見せた。しかしその間には、スポンサー各社がCMの放映を見合わせる事態にまで発展しました」(芸能ライター)

 軌道修正されたドラマ内容は「ファンタジー路線か?」などとネット上では大不評で、また慈恵病院もHP上で視聴に関する注意喚起を掲載。こうして一時は連日トップニュースだった『明日ママ』の動向だったが、肝心の視聴率にはまったく結びつかなかったようだ。

「これだけ大炎上したにもかかわらず、視聴率は第3話の15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)が最高で、その後は11%台をウロウロしています。テレビ局関係者の間でも、『ここまで話題になっているんだから』と、どれだけの高視聴率を記録するのか注目されていました。NHK大河ドラマと、昨秋から2クール連続で放送中の『相棒』(テレビ朝日系)を除く、今期の連ドラ平均視聴率では、『S‐最後の警官‐』(TBS系)に次ぐ第2位にこそついていますが思ったほどではない。『見るなと言われると余計見たくなる』のが視聴者心理というものだと思っていたテレビ局側は、なぜ視聴率が伸び悩むのか、さっぱりわからないようです」(芸能プロ関係者)

 また、一連の騒動から飛び火して、出演者の1人である三上博史のファンサイトが、こんな災難に見舞われてしまっていた。

「一般人が運営していた三上のファンサイトが、閉鎖に追い込まれたんです。三上はドラマ内で『魔王』と呼ばれる児童養護施設の代表者役を演じていますが、脚本上で悪役を演じているからと、実在の団体や養護施設が閉鎖を要請したんだとか。閉鎖に関するお知らせには、『ドラマへの抗議に乗じたモンスタークレーマーかもしれない、荒らしかもしれないとも思ったのですが、あまりのことに身の危険も感じ・・・』という一文もありますが、単なるイタズラだったのか、その真偽は不明です」(前出・ライター)

 前代未聞の話題作となった『明日ママ』。結果的に、数字に結びつかない上に筋違いな炎上まで発生したとあって、テレビ局や出演陣にとっても完全な“黒歴史”として終わってしまうのだろうか。

炎上商法、終了の模様

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー