ピン子ドラマも静かにコケてた……

視聴率ワーストドラマ、『夜のせんせい』『Dr.DMAT』でTBS最下位争い!

mizukiarisa01.jpg
観月自身は高校中退っていうのがオチだから!

 4月スタートの連続ドラマの情報が続々と解禁になる中、1月期のドラマ(午後8~10時台)もいよいよ終盤に向かっている。今回は視聴率ランキングでワースト3位入りしそうなドラマはどの作品なのか、2月27日までのデータを元に見ていきたい。

 まずは、檀れい主演の『福家警部補の挨拶』(フジテレビ系)。1月14日の第1話は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得し、初回視聴率ランキングで3位に入り込んだが、初回の数字からは想像もできない番狂わせが発生。2話で11.5%に下がり、5話から7.8%、8.4%、7.9%と一桁後半を推移している。また『福家』の下降は次枠の『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』にも影響を及ぼしているようで、『バチスタ』は5話まで11~13%だったが、6話からは9~10%台に低迷中だ。

「フジで最もワースト入りが近いのは、初回8.4%でワースト3位に入ってしまった小野ゆり子主演『天誅~闇の仕置人~』(フジテレビ系)です。『天誅』は3話で6.8%に下がるも、21日の5話で8.2%に上昇しているので最下位は免れると思いますが、この枠はバラエティが不調なフジが満を持して新設したドラマ枠。第1弾の財前直見&沢村一樹主演『家族の裏事情』も3~6%台と大コケしており、最後まで何が起こるかわかりません」(芸能ライター)

 しかし、そんなフジにも負けているのがTBSの作品。『隠蔽捜査』は『あまちゃん』(NHK)俳優の杉本哲太&古田新太をW主演に起用するも、月曜8時で6~8%台だ。そしてTBSでは、関ジャニ∞・大倉忠義主演『Dr.DMAT』と、観月ありさ主演『夜のせんせい』が、最下位争いを繰り広げている。『Dr.DMAT』は初回7.9%で最下位スタートとなり、5話から5.0%、5.3%、5.4%と爆死。『夜のせんせい』も、初回こそ10.6%だったが、4話から5.1%、5.2%、5.3%と3週連続で5%台を記録している。

「『Dr.DMAT』は27日の8話で7.3%と約2%アップしており、『夜のせんせい』が土壇場でワースト1位に転落という可能性もあります。連ドラ主演記録を持つ観月は、今作で23年連続に記録を更新しましたが、観月の主演作が民放で5%台というのは異例です。記録を伸ばし続けてきた観月にとって、今作の大コケは今後の活動に悪影響を及ぼしかねません」(同)

 このままではワースト3位すべてがTBSドラマになりそうな展開だが、残り数回でワーストランキングから脱出する勝ち組は現れるのか? 

事務所が価値を上げすぎちゃったわね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー