たった2週間でジ・エンド

美奈子、『ハダカの美奈子』18禁版が打ち切り! ワケあり通販番組出演のジリ貧芸能活動

minakosikkaku.jpg
『母親失格 それでも、子どもが強く明るく育つ理由』/朝日新聞出版

 昨年の“大コケ映画”筆頭格だった『ハダカの美奈子』の18禁バージョンが、またしてもひっそりと上映打ち切りの目にあっていたことがわかった。ビッグダディの元嫁こと美奈子が出版した20万部超の同名小説が原作で、元オセロ・中島知子が初のフルヌードを披露するなど話題にこそなっていたものの、結果は想像以上に悲惨だったようだ。

「2月8日に公開した『ハダカの美奈子 R‐18』でしたが、わずか2週間で人知れず打ち切りとなってしまったんです。R‐18版は濡れ場シーンが追加されるという触れ込みでしたが、世の男性にもまったく響かなかったようで、昨年公開の映画でも“最短”といわれた通常版の上映期間を更新。興行は大失敗に終わってしまいました」(芸能ライター)

 かねてから、芸能人としての需要のなさが話題になっている美奈子だが、今回、それが数字という目に見える形で明らかになったようだ。バラエティでは視聴率が振るわず、さらにパチンコ営業などタレントとして“落ち目感”が否めない活動を続ける美奈子だが、つい先日はこんな報道も。

「テレビ埼玉などで放送されている通販番組『ミセスマートTV NEO』でゲスト司会者を務めるというものです。美奈子は『クセになりそうなので、ぜひまた出演したいです』とレギュラー出演の願望も語っていますが、通販番組への出演は正直『格落ち』に見られるもの。制作やスポンサー探しに苦労することもなく、テレビ局にとってはオイシイコンテンツですが、タレント側からすれば、出演には二の足を踏んでしまうところです」(週刊誌記者)

 同番組のゲストMCを見ると、「大沢樹生、黒田アーサー、立花理佐など、『過去の人』や『ワケあり芸能人』といった面々ばかりが並んでいる」(同)というだけに、美奈子はもはやなりふり構わず仕事をしているのかもしれない。

 ぽっと出の芸能人ならば、これらの地道な活動は理屈にこそ合っているが、美奈子の場合は知名度だけは別格。「稼げるうちに稼いでおこう、という魂胆にしか見えない」(同)事務所の戦略だが、果たしていつまで通用するものだろうか。

謎の「お母さん代表」目線は一体?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ