キラキラじゃないんだけど……

スピかぶれ? ミーガン・フォックス、第二子に付けた名前がかなり微妙と評判

MeganBrian01.jpg
ちょっと! 「みどり」夫婦の奥様の首の角度がやばい!

 大ヒット映画『トランスフォーマー』(2007)で一躍スターダムにのし上がった、女優のミーガン・フォックス。美人女優として人気の高い彼女だが、先日生まれた第二子に付けた名前が微妙すぎると話題になっている。

 ミーガンは、テレビコメディ『Hope&Faith』で共演したブライアン・オースティン・グリーンと長らく交際していた。ブライアンは、90年代を代表する海外ドラマ『ビバリーヒルズ高校/青春白書』のデヴィッド役で一世を風靡したが、交際を始めた2004年当時は落ち目となっていた。しかし、ミーガンは、「20代の男子は中身がないから、付き合うなんてあり得ない」「カレにするなら断然30代の方がいい」と、すでに子どもがいるブライアンとの関係に夢中になっていった。

 2人は06年11月に婚約したが、ミーガンが『トランスフォーマー』で世界的な人気女優になり、多忙を極めるようになったからか、なかなか結婚せずにファンをやきもきさせた。しかし10年6月24日にハワイで極秘で挙式し、12年9月27日にはミーガンにとって第一子になる男児が誕生。ミーガンは、Facebookで、ノア・シャノンと命名したことを明かし、「神に感謝する」というメッセージを添えた。「ノア」は、旧約聖書の「創世記」に登場するノアの方舟から付けたのではないかという憶測が流れ、「シャノン」というミドルネームもクラシカルだと好評だった。

 「もっとたくさん子どもが欲しい」と熱望していたミーガンは13年8月に第二子を妊娠したことを発表、今月12日に無事男児を出産した。今度も聖書から名前を選ぶのかと世間の注目が集まっていたが、なんと意外にも仏教に関わる名前を付けたのだという。

 米芸能ゴシップサイト「TMZ」が入手した赤ん坊の出生証明書によると、ミーガンは12日、セレブがよく出産することで有名なシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターで第二子を出産。赤ん坊は、ボーディ・ランサム・グリーンと名づけられた。

 「ボーディ(Bodhi)」という単語は「菩薩」という意味で、仏教において一般的に成仏を求める修行者のことを指すとされ、英語圏では「悟り」という意味で使われることもある。「ランサム(Ransom)」は、名前に使われることも多いが、「身代金」という意味の単語でもあり、ネット上では「セレブのスピリチュアル好きには辟易」「誘拐されたのかと思った。まぎらわしい」という意見が上がった。

 個性を大事にするセレブの間では、我が子にキラキラネームを付けることが流行になっており、よくバッシングのターゲットにされる。ニコラス・ケイジは4人目の妻が出産した息子を、大好きなスーパーマンの出生名「カル=エル」と名付け、「親がオタクだと、子どもは生涯にわたり迷惑する」と陰口を言われた。ケイト・ウィンスレットは3人目の夫との間に出産した息子を「ベアー」と名付け、「上の2人はまともな名前なのに、なぜ3人目はクマ?」と世間を唖然とさせた。なお、アリシア・シルヴァーストーンも息子に「ベアー」という名前を付けているが、彼女の場合は口移しで食べ物を与えるなど、気持ち悪い子育て法が主にバッシングされている。

 トム・クルーズとケイティ・ホームズの愛娘「スリ」も「とにかく変」と叩かれたし、人気テレビ俳優のロブ・モローが娘に「トゥ」と、名付けた時は、「トゥ・モローで、明日か」とそのギャグセンスに世間はあきれ果てた。歌手のトニー・ブラクストンは長男を「デニム」と名付け、カニエ・ウエストとキム・カーダシアンの娘「ノース・ウエスト」に至っては、「破産申請した航空会社の名前にするなんて、やっぱりイカれてる」と世間の失笑を買った。

 ブライアンは、名字の「グリーン」を意味するのか、右の胸にひらがなで「みどり」というタトゥーを入れているが、そのセンスから考えると「菩薩」というタトゥーも入れるかもしれない。ミーガンも多くのタトゥーを入れており、ほかのタトゥーを消しても、右腰骨に入れた「Brian」というタトゥーはキープしていくと公言している。愛する人の名前を体に刻むという意味で、ミーガンも、「Noah」「菩薩」と子どもたちの名前を彫る可能性はありそうだ。

「菩薩」って漢字難しいから間違えないようにね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク