ドラマレビュー第33回『緊急取調室』

男社会における中年女性の孤独を描く、刑事ドラマ『緊急取調室』の特異性

男社会における中年女性の孤独を描く、刑事ドラマ『緊急取調室』の特異性

 でんでん、大杉漣、小日向文世、田中哲司、草刈正雄、篠井英介。そうそうたるベテラン俳優が紅一点の天海祐希を取り囲む『緊急取調室』(テレビ朝日系)は、骨太の刑事ドラマだ。優れた交渉術を持つ真壁有希子(天海)は、バスジャック犯との交渉に失敗した責任を負わされる形で、SIT(特殊犯捜査係)の主任から「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」へと配属される。真壁を待ち受けていたのは、菱本進(でんでん)、中田善次郎(大杉)、小石川春夫(小日向)といった一癖も二癖もある取り調べ専門の刑事たちと、管理官の梶山勝利(田中)だった。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

男社会における中年女性の孤独を描く、刑事ドラマ『緊急取調室』の特異性のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビュー天海祐希緊急取調室のニュースならサイゾーウーマンへ!