園山真希絵を継ぎし者

“裸エプロン”料理研究家・森崎友紀、女性ウケへの路線変更も業界から失笑の嵐!?

morisaki.jpg
『DVD付きレシピ写真集 食と欲』(集英社)

 最新『DVD付きレシピ写真集 食と欲』(集英社)の発売イベントで「グラビア卒業」を公言した料理研究家・森崎友紀に、ネット上で批判の声が飛び交っている。かねてから本業である料理にまつわる活動以外にも、バラエティ出演やセクシーグラビアなど、タレント活動にも精を出してきた森崎だが、昨年末に34歳を迎えたこともあり「年齢も年齢なので、いったん終止符を打ちます」と語っていた。

「近年では若手も増えつつある料理タレントですが、森崎の場合は料理以外の“武器”を『セクシー売り』に定めてきました。今回の書籍も、『男性が精力満点になる』というコンセプトのレシピを紹介し、セクシーグラビアに入浴シーンが収録されたDVDまで付くという、グラドル路線を狙ったものとなっています」(芸能ライター)

 この料理とグラビアの二刀流に、「レシピ部分を活用する奴はいるのだろうかw」「エロいがなんか受け付けない」「もはや料理のイメージあまりないなぁ…」「裸エプロンやるような女は 男の欲望だけを食っててください。気持ち悪いから女性向けに出てこないで!」など、男女双方からネット上で非難が殺到。さらに一般人だけでなく、業界関係者からも森崎について、こんな声が聞こえてきた。

「女性人気はハナから期待していないのでしょうが、男性から見ても感じは悪いですよ。有名タレントやディレクターには笑顔を振りまくのに、『自分にとってプラスにならない』と判断したスタッフや共演者に対しては、『……はい』『ええ』みたいな相槌しか打たないですから。年齢を理由にグラビアを卒業するのであれば、現場での言動や態度も、もう少し年齢に見合った感じにしてほしいですね」(テレビ局関係者)

 タレントとしては多くの問題を抱えている様子だが、本業の料理研究家としての今後はどうなのか。

「男性ファンの目線ばかりを追ってきた彼女ですが、本来『レシピ本』というジャンルのメインターゲットは女性です。セクシー売りの限界が来る前に、グラビアを卒業して、今後は女性ファンの獲得へシフトチェンジしていこうという思惑なのでしょう。とはいえ、グラビア路線のイメージがすぐに払拭できるわけはありません」(前出・ライター)

 戦略上でのグラビア卒業が、年齢以外の部分でも「時すでに遅し」となってしまわなければいいのだが……。

料理を舐めるな!(BY辰兄)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決