どー見ても泥船!

「一体どこに需要が」加護亜依、ガールズユニット始動に漂う胡散臭さとつんく♂の翳

kago_ihu.jpg
威風飄々公式サイトより

 10日、元モーニング娘。の加護亜依が、芸能活動再開に伴い展開していた、自身がメンバーとして所属するガールズユニットのメンバーオーディションの結果を発表した。456名のエントリーから選ばれたのは、喜多麗美という21歳の女性1名。このオーディションは、「みんなでつくる!ガールズユニットプロジェクト」の一環であり、メンバー選考以外にも今後、楽曲や歌詞、衣装、振り付けなどについて、一般からアイデアを募り、投票制で決定していくという。そんな大型プロジェクトの第一歩となったメンバー発表だが、ネット上では早速非難の嵐が吹き荒れているという。

「2度の喫煙報道で、アップフロントエージェンシーを解雇されたのをきっかけに、加護が転落人生を送っているのは周知の事実。不倫、自殺未遂、番組ドタキャン、前事務所との訴訟問題、そして恐喝未遂で逮捕歴がある男性とでき婚と、まさにトラブルメーカーといったところです。そんな加護が、今までのことをさもなかったことのように、アイドル仕事に復帰しようとしていることに対し、ネットユーザーは疑問を投げかけています。『一体今さら誰に需要があると思ってる』『イタい、イタすぎるよ』など、痛烈な批判ばかりの状態です。ホームページに掲載されている加護の写真についても、『髪型? 体型? 劣化がとまらんね』と言われる始末です」(芸能ライター)

 合格者である喜多にも、「こんなのに乗っかって応募する人もいるんだなあ」といった批判が相次いでいる。オーディションの特設サイトに「メンバーとして事務所と契約することで合意しました。ただし、大人の事情で、6月1日付けでの契約となります。」と書いてあるのも、「胡散臭さしかない」(同)という。

「そもそも、加護の事務所である威風飄々は、ネット上でかねてから『胡散臭い』と言われていました。加護の芸能活動再開のために作られた同事務所は、現在も所属は加護のみ、ホームページの会社概要には、所在地は『東京都港区』としか記されておらず、連絡先もメールアドレスだけ。代表者名や資本金も載っていません。また、喜多自身にもある疑惑がささやかれています。彼女は、元バクステ外神田一丁目というステージ常設型・カフェレストランのアイドルキャストを務めていたんですが、このグループの楽曲を作っていたのが、つんく♂なんです。まだつんく♂と加護が裏でつながっているのかもしれませんし、もしくはこれをきっかけに、加護がつんく♂への擦り寄りを図る可能性も……」(同)

 加護だけでなく、つんく♂にも疑惑の目が向いてしまう事態に発展してしまった、今回のオーディション。「最終候補に残ったものの、合格には至らなかった子を『レッスン生』として迎え入れるそうですが、そんな永続的に活動できる基盤が、威風飄々にあるように思えない」(同)という。胡散臭さばかりが漂うこのガールズユニット、果たして今後の活動はいかに?

「矢口を入れてやって」というお節介野郎も出現

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー