産後の離婚は悪か?「離婚しても困らない社会制度」を

【messyより】

sangokiki0207cw.jpg
「産後クライシス」ポプラ社

「出産」は人生のなかでも幸福度が高いイベントのひとつとして考えられています。子宝に恵まれることで、より一層夫婦の愛情が深まり、家族としての絆も強くなる。子供のいる家庭こそが理想的な家族像である、という幻想は未だに根強いものです。しかしながら、そうした理想像とは逆に、出産を期に夫婦関係が冷えきってしまい、離婚の危機にさえ遭遇してしまうカップルも存在しています。

 NHKの記者である内田明香さんと、ディレクターの坪井健人さんはこの現象をいち早く取り上げ「産後クライシス」と命名しました。NHK総合テレビの朝の情報番組『あさイチ』でこの問題について特集しました。この特集は大きく話題を呼び、昨年11月に『産後クライシス』(ポプラ新書)というタイトルで書籍化されています。

 産後クライシスでは、夫の振る舞いによって妻の愛情度が急激に薄れていってしまうことが問題視されています(あるシンクタンクの調査によれば、妊娠期に『配偶者を本当に愛している』と答えた妻は74.3%いたのに対して、子供が2歳児になった頃には34.0%まで激減しているのです)。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク