[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐ファン「1Dより嵐!」の落書きで、ワン・ダイレクションファンと抗争勃発!?

satoyan.jpg
さとや~ん、またファンが暴走してるって~

 昨年11月に初来日公演を果たした、日本でも絶大な人気を誇るイギリスの5人組ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」(以下、1D)。2月にはグループにちなんだカフェの世界一号店を渋谷にをオープンさせるという報道もあり、日本のファンは期待に胸を膨らませている。そんな中、1Dが印刷された販促用バルーンに「1Dよりも嵐」という落書きをした画像がTwitterなどで拡散され、ネット上で物議を醸している。

 問題のバルーンは、2月12日に発売される映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』のブルーレイ&DVDの宣伝用に用意されたもの。バルーンにはメンバーへのメッセージを書くことができるようだが、店舗に置かれていたバルーンの余白に大きく「1Dよりも嵐」という文字や、嵐のコンサートグッズなどで使用される嵐マークが描かれ、1Dファンを中心に「非常識すぎ」「わざわざこういうとこに書く必要はない」などと、批判が集中した。

「1Dは5人組であることから、イギリス版・嵐といわれることも多い。今回のバルーン落書き画像をきっかけに、Twitter上では『1Dは世界に通用してる。規模が違う』『1Dの方が嵐より売れてる』『嵐はメンバーとご飯いかないけど1Dは仲が良い』などと、グループを比較する低レベルの戦いが繰り広げられています。1DのファンとみられるTwitterユーザーも、嵐メンバーの顔を『NG』というスタンプで塗り潰したり『嵐よりも1D』というテキストを入れた画像をアップしています」(ジャニーズに詳しい記者)

 事態は沈静化しつつあるが、一連の流れには双方のファンの間でも「幼稚だな~」「子どもだよ」と、呆れる人が続出。また、「1Dよりも嵐」と書いたのが嵐ファンだという証拠はなく「嵐ファンになりすました1Dのアンチの仕業」だと、かばう声も上がっている。

「とはいえ、嵐ファンは昨年5月にJYJ・ジェジュン主演映画『コードネーム:ジャッカル』のメッセージボードに、『嵐最高』『プラチナデータ見てね!』と書いた疑いの前科があるだけに、今回も嵐ファンの行動だと思われても無理はないでしょう。こうした一部のファンによる非常識な行動は、ファンや本人たちのイメージをも下げる結果となりますよね」(同)

 1Dといえば、昨年1月18日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でSexy Zoneと共演を果たし、グループのファンだというマリウス葉と1Dメンバーが仲良く談笑する場面も見られた。その後、1D側もイベントで「Sexy Zoneの新曲が気に入っている」と、Sexy Zoneの曲をノリノリで口ずさむサービスを見せてくれていた。今回のバルーン落書き騒動のように、本人たちに関係のないところでファン同士が醜い争いを繰り広げることは、嵐や1Dの本意ではないだろう。

じゃあ、間をとってみんなでマリちゃんファンになる?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム