しかもCDは不法投棄!?

「AKB48は商売見直せ」の大批判! 「握手会80分間」のために、CD490枚の詐取事件勃発

tuginosokuseki.jpg
「次の足跡Type B」/キングレコード

 30日、AKB48のシングルCDを他人のクレジットカード情報を悪用して大量に購入したとして、近畿地方の大学生4人が書類送検されたことがわかった。送検容疑は、昨年4~5月、バイト先などで盗み見た3人のクレジットカード情報で、AKB48のCD約490枚、値段にして約49万円分を購入した疑い。受け取りの際は、郵便局留めにし、偽造した3人分の健康保険証を身分証代わりにしたという。男らは、特典である投票券や写真をオークションで売り、また握手券は実際に使用して、イベント4回計80分間メンバーとの時間を楽しんだようだ。さらに、その大量のCDを不法投棄したことも、罪に問われている。

「今までも、AKB48の投票券・握手券をめぐり、偽造握手券を配布した者、またネットで握手券を販売すると偽り、金銭をだまし取った者などが逮捕されています。今回の事件については、ネットユーザーからも『人の金盗んでまで買おうとする神経がわからん』『犯罪で握手会に参加してメンに対して恥ずかしくないのかね』などと、その異常性に疑問を抱くコメントが相次いでいます」(芸能ライター)

 ネットユーザーの怒りの矛先は、悪事を働いた大学生だけでなく、特典をつけて売り上げを伸ばす“AKB商法”自体にも向けられているようだ。「正直こういう商法は規制しないとダメなんじゃないのか」「犯罪を誘発してるんだから、AKBは商売見直せよ」など、辛辣な声も上がっている。

「オリコンの小池恒社長が、『今はチケットや握手会を付けたりと、いろんな売り方があるが、嵐は王道的』と、暗にAKB商法を邪道だと言ったことが話題になりましたが、世間的には、AKB商法が定着しすぎてしまい、声高に批判をする人は減っていた……という印象があります。しかし、今回の一件は、以前起こった金銭目的の事件とは異なり、握手会参加目的のファンの悪事であるという点も含め、AKB商法批判がまたも爆発しそうな気配があります。警察当局も、AKB商法は犯罪を引き起こす可能性があると認識しているようなので(既報)、AKB運営自体もこの事件を重く受け止めるべきかもしれませんね」(同)

 昨年のオリコン年間音楽&映像ランキングのシングル部門で、「さよならクロール」が約196万枚、「恋するフォーチュンクッキー」が約148万枚、「ハート・エレキ」が約126万枚と、トップ3を制覇し、ビッグセールスを記録したAKB48。今後、AKB商法を見直すのか、それとも批判を物ともせず続けるのか――注意深く見守っていきたい。

アイドルは触れりゃいい存在なのか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー