[官能小説レビュー]

「モテない女の妄想炸裂」男目線の女性の官能小説像に一石を投じる『華恋絵巻』

hanakoiemaki.jpg
『華恋絵巻~美しすぎる官能作家競艶~』/宝島社

■今回の官能小説
『華恋絵巻』(藍川京、蒼井凛花、うかみ綾乃、櫻乃かなこ、森下くるみ、宝島社)

 「官能小説」と分類されるには、ある1つのルールに必ず則っていなければならない。一編の物語の中で、最優先で表現されていなければならないのが、セックスだということだ。私たちにとってセックスとは、あまり大声では話せない、秘密の行為。だからこそ、何よりも他人のセックスが気になってしまうというのも、女の性だろう。

 あらゆる小説の中で、最も異色なジャンルの1つといってもいい官能小説だが、最近では、女性読者が増え、新人の女流官能小説家も続々とデビューしている。「女流官能小説家」という言葉を聞いて、一体どんな人物を想像するだろう? 「セックスを描く」女流作家という肩書から、彼女たちの性癖や男性遍歴など、あらゆる想像をしてしまうのは否めない。

 『華恋絵巻~美しすぎる官能作家競艶~』(宝島社)は、5人の女流作家の作品で構成された短編集だ。「官能小説界の女神」といわれる藍川京を筆頭に、気鋭作家のうかみ綾乃、元CAの蒼井凛花、元AV女優の森下くるみ、現役看護師の櫻乃かなこと、実にさまざまな肩書の作家陣が揃った。
 
 藍川京の作品「紫の万華鏡」は、呉服屋の主人と既婚妻との物語。仕立て上げられたばかりの着物に袖を通した主人公が、高級な友禅をまといながら責められる姿は、しっとりといやらしい。
 
 蒼井凛花の「蜘蛛と蝶」は、六本木近くのハプニングバーが舞台。恋人に連れられて来た主人公は、目の前の光景に目を見張る。あちこちの部屋で、さまざまなセックスを繰り広げる男女を目にし、主人公もまた、ハプニングバーでの快楽に溺れてゆく。

 うかみ綾乃の「押入れ」は、幼い頃の思い出が残る郷里を訪れた主人公が、かつて押入れの中で乳首を舐めさせた従兄弟と再会する。

 櫻乃かなこの「風鈴の鳴らない夜」は、男子看護学生と不思議な魅力を持つ入院患者の女性との話。ある日、病室の中で患者にキスをせがまれた彼は、患者に魅了されてゆく。

 最後に収録されている、森下くるみの「blue」は、家政婦付きの家に住む、優雅な暮らしをしている人妻が、友人と絵画展へ行った帰りに鋭い眼差しの男に声をかけられる。その後、彼女が連れて行かれた場所とは――。

 「女が官能を書く」と聞くと、特に男性からは単純に「欲求不満のモテない女が妄想を小説にしている」と、どこか湿っぽい想像を膨らませる人も多いと聞く。

 しかし、個性溢れる彼女たちの作品を読んでいると、まるで女同士の会話を盗み聞きしているように心が弾む。女たちがセックスを語る時、セックスの行為そのものの話以上に、相手の男性についてのことの方がより多く語られる。例えば、2人の関係性や、彼の性格や背景、そして、相手の男性に抱かれた時の自分の感情――それらをすべてひっくるめて、女性はいやらしさを感じる。女が抱く官能とは、抜き差しだけではない。抱かれる相手と作り出す時間すべてに濡れるのかもしれないと、彼女たちの作品は教えてくれる。

 官能小説を書く女性たちは、私たちとまったく変わらないのではないだろうか。華やかで明るく、そしてどこかあっけらかんとしたいやらしさ溢れる作品に、そんなことを感じる。『華恋絵巻』は、女性にも性欲はある、そしていやらしい妄想だってするということを、まるで女友達が肯定してくれるような1冊である。
(いしいのりえ)

始発待ちの居酒屋でする、女同士の猥談の楽しさ満載

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー