「お願いだから太って」とファン懇願

剛力叩きより強烈!? 『私の嫌いな探偵』の玉木宏が「クリス松村に劣化」と話題

tamakihirosii.jpg
玉木宏公式プロフィールより

 現在、テレビ朝日系で放送されている深夜ドラマ『私の嫌いな探偵』。事務所からのゴリ押しが批判の対象となっている剛力彩芽主演なだけに、ネット上ではまたもや過激な“剛力叩き”が巻き起こるかと思いきや、共演の玉木宏が「劣化した」と話題になっているのだ。

「玉木は、2009年の主演映画『真夏のオリオン』で、海軍少佐役を演じた際、役作りのために8キロ減量しました。その後、体重が戻らず、そこに加齢によるシワも加わってしまい、『劣化した』といわれているようです。ネットユーザーからは、『顔に脂肪が一切ついてないって感じだね』『シワシワのおっさんになったね』『クリス松村系』などと落胆の声が上がっています」(芸能ライター)

 玉木の出世作といえば、『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)だが、同作をきっかけに玉木の熱烈なファンになった人たちの間では、「劣化は今に始まったことではない」と言われているようだ。

「やっぱり、『真夏のオリオン』をきっかけにどんどん痩せて、劣化していったという印象です。劇場版『のだめ』の前編が公開されたのが、09年12月なんですが、その時もドラマ版に比べてあまりにも痩せて、容姿が様変わりしていたので、ファンたちは心配していました。『痩せてかっこよくなった』というより、『やつれた』という感じで。『お願いだから太ってほしい』と言い出すファンもいました」

 その痩せぶりでファンをやきもきさせている玉木だが、『私の嫌いな探偵』の放送決定時には、「俳優として落ちぶれた」とネット上で騒がれたことも……

「玉木が剛力の“添え物”として扱われていること、またゴールデンのドラマで主演を張り、NHK大河ドラマにも出演していた玉木が、深夜枠のドラマに出るということに対し、『落ちぶれた』と言われていたようです。昨年11月には、映画『すべては君に逢えたから』に主演、今年の元旦には、正月時代劇『桜ほうさら』(NHK)に出演と、俳優仕事はしっかりこなしているのですが、いかんせんヒット作に乏しく、話題性に欠けるのでしょう。『のだめ』でのブレークが鮮烈すぎたのも影響しているとは思いますが、当たり役がほしいところです」(前出・芸能ライター)

 プライベートでも、かつては加藤ローサ、島谷ひとみ、菅野美穂、吉高由里子といった芸能人と浮名を流したが、「12年に結婚間近といわれた資産家の一般人女性とは破局した模様。昨年11月の会見で、玉木本人が『彼女はいない』と明言しました」(同)という。仕事もプライベートもパッとした話題に欠ける玉木だが、今年は再びブレークできるよう期待したい。

宏の裏最高傑作は、『ウルルン』のご開チンでしょ?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

剛力叩きより強烈!? 『私の嫌いな探偵』の玉木宏が「クリス松村に劣化」と話題のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 剛力彩芽劣化玉木宏私の嫌いな探偵芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!