Hage田ゲス子セレクト「渡る世間は鬼女ばかり」

義両親からの平手打ち、しっかり“お返し”するのが礼儀!?

sukarunodevi.jpg
『デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨』/草思社

――玉石混交のネットの海で、下衆なエピソードだけを収集・観察する奇跡のヲチャーHagex。彼がセレクトした、某橋田壽賀子ドラマよろしく、読むとゲッソリする……いや人生のトラブルシューティングとしてためになるエピソードを紹介。

 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ、旧日本名は「根本七保子」、通称「デヴィ夫人」は、叶姉妹と並ぶ、ゲスッ子のアイドル。そんなデヴィ夫人ですが、TBSのバラエティ番組で観覧に来ていた女性を平手打ちした事件が話題になっています。

 平手打ちをされた女性は、番組スタッフから「デヴィ夫人を怒らせてくれ」と頼まれていたらしく、夫人に挑発的な質問を行います。もくろみ通り怒ったデヴィ夫人ですが、彼女を3回平手打ちをしてスタジオを出ていきました。同じ番組に出演していた西川史子は、「騒ぎの後は、番組収録はお葬式のように暗かった」とコメント。それに怒りを覚えたデヴィ夫人は、自身のブログに「私が平手打ちしなければならなかったのは西川史子だったのかもしれませんね」と書き込み、収拾がつかない事態となっています。

 事件についてカルーセル麻紀は「デヴィ夫人は本気で怒ったら、平手打ちじゃなくてグーパンチ。そして彼女はいつも大きな指輪をつけているから、グーパンチされたら大変なことになる」と語っています。デヴィ夫人も手加減していたということですかね。

 今回は、2ちゃんねるから「平手打ち」がキーワードになっているエピソードを取り上げました。

<平手打ちの日常>
旦那に対するささやかな愚痴38
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1367570192/

 投稿者の夫は、世間的には地位も名誉もある人間。しかし生活スキルが極端に低く、毎回投稿者が平手打ち、もしくは殴らないと日常生活がままなりません。夫と会話していると「今日……○○さんが……△を……今晩……」とモゴモゴ言うので、「結論から早く言え!」と投稿者は怒ってゲンコツをプレゼント。すると、今晩、お世話になった人のホームパーティーに誘われていたことが判明。今からは参加できないので、お詫びの手配を投稿者が行いました。夫はなにか障害を持っているかもしれないと、検査機関でチェックを受けるも問題ナシ。夫の面倒を見るだけの毎日ではなく、「のんびり暮らしたい」と嘆く投稿者でした。

<我慢し続けたのちの一発>
今までにあった最大の修羅場 £68
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1353422932/

 私立中学校に通っていた投稿者。中学2年生の時にクラス替えがあり、文武両道のA子さんと同じクラスになります。A子さんは自分の能力を鼻にかけることなく、投稿者にも勉強を教えてくれる人格者でした。

デヴィ夫人が義母だったら死んでたな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー