絶体絶命!

「再びテレビ業界の腫れ物に」陣内智則、二股疑惑報道で甦る“藤原紀香の呪縛”

hujiwara-jinnaihuuhu.jpg
生霊ではありません。本物の紀香です。

 お笑い芸人の陣内智則が、フジテレビアナウンサーの“ミオパン”こと松村未央と交際していることがわかった。交際発覚の発端は、24日発売の「フライデー」(講談社)に、陣内が松村と美人モデルの二股交際を報じられたこと。クリスマスイブの夜に松村とお泊まりデートをしたにもかかわらず、1月中旬に、モデルの小林真由ともお泊まりデートをしていた様子が、すっぱ抜かれてしまったのだ。陣内は「本命は松村、モデルは友達」だと、『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ)で弁明したが、ネット上では、「凝りないヤツだ」と酷評が吹き荒れている。

「2007年、女優の藤原紀香との“格差婚”は、当時大きな話題を呼びました。しかし結婚生活は、陣内の浮気によりわずか2年で破綻。紀香のバックにつくバーニングプロダクション・周防郁雄社長の圧力により、陣内は業界で徹底的に干されてしまいました。最近になってようやく、陣内のテレビ露出もずいぶんと増えてきましたが、そこにきてまたもや女癖の悪さが報道されるなんて……。ネットユーザーは、『女遊びのひどさは異常だな これ完全に病気なんじゃないかな』『女の敵 同情の余地なし』などと呆れ果てています」(芸能記者)

 女癖の悪さで有名な芸人との交際報道は、フジテレビにとっても好ましくないだろう。オリエンタルラジオ・藤森慎吾が、一夜を共にした女性との間にできた子を、中絶させたというスキャンダルが報じられた際、交際相手のTBSアナウンサー・田中みな実に好奇の視線が集まったことも記憶に新しい。

「確かにフジは、陣内に対して怒りは感じているでしょう。しかし、ネットの声を見ていると、『このアナ誰』『ミオパンて呼ばれてる人いるの?』などと、松村の知名度の低さが目につき、この件を足がかりにフジ批判を展開する者までいますよ。しかしまぁ、世間の批判は、やはり陣内の悪行に集中しているようです」(同)

 最近では、テレビで紀香との新婚当時の悩みや、テレビ局でニアミスしたことを告白するなど、「離婚ネタ」で笑いを取っていた陣内。「せっかく紀香の呪縛から解き放たれたのに、二股疑惑報道で、再びテレビ業界の“腫れ物”になってしまう可能性も。ネット上では『あーあ、紀香の株が上がっちゃう』という声もありますし、陣内はまたも自粛モードに突入するかも」(同)という。果たして陣内の行く末は――?

このスキャンダルは紀香の怨念が撮らせた!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク