続編制作説浮上も……

能年玲奈は「上野樹里化」、有村架純は「アンチ爆増」! 『あまちゃん』女優の苦難

amachan_amano.jpg
『あまちゃん 完全版 Blu‐rayBOX3<完>』/TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

 社会現象になるほどのブームを巻き起こした、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に、続編制作の話が浮上した。岩手県・達増拓也知事が23日、囲み取材で『あまちゃん』続編について、「(NHK側が)考えられている、と漏れ伝わっている」とコメントしたのだ。同作のファン、また以前から「『あまちゃん2』をやりたい」とアピールしていた、主演の能年玲奈にとっては朗報だろうが、芸能関係者の間には、能年の『あまちゃん2』出演を不安視する者も少なくないという。

「このままでは能年が、『あまちゃん』だけの女優になってしまいそうだからです。能年自身も、やたらと『あまちゃん2』をやりたいとアピールするなど、いまだに役の“天野アキ”を引きずっているような節があり、ファンもまた、“天野アキ”を能年に投影している状態。現在、能年の露出がCMだけしかないというのも影響していますが、今後の芸能活動を考えると、能年はいつまで“天野アキ”でい続ける気なのかと思ってしまいます」(芸能関係者)

 なぜ、能年はここまで心配されるのか? その理由を、前出・芸能関係者は、「上野樹里に似ているから」と語る。

「上野は、月9ドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)で主人公・のだめ(野田恵)を演じ、ドラマの大ヒットとともにブレーク。その後本作は、特番、映画と続けて制作され、のだめは上野を代表する役となりました。しかし、あまりにのだめ役がハマりすぎていたため、上野がNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で江を演じた際には、『のだめにしか見えない』『ミスキャストでは』と批判が寄せられてしまった。上野がテレビドラマにとんと出ないようになったのも、のだめの影響が強いからと見られます。能年を見ていると、そんな上野に通ずるものを感じてしまうんです」

 上野は、役を自らに“憑依”させる「憑依型女優」の異名を取っていたが、「能年もまた同じく、憑依型女優であり、それゆえに、役から抜け出しにくいのかもしれない」(同)という。

「映画『ホットロード』の撮影が忙しいから、テレビに出られないと言われていますが、それにしても、露出しなさすぎですよ。所属事務所が、能年の価値を高めるために、露出を制限しているとしか考えられませんが、それが能年の脱『あまちゃん』を阻止しているように思います」

 一方で、能年とは反対に、露出を増やし続けるのが、有村架純だ。

「5カ月で異例のCM9本、昨年7月には『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)、現在は『失恋ショコラティエ』(同)に出演するブレイクぶり。ただ、Hey!Say!JUMP・岡本圭人とのキス写真が流出する騒動があって以来、ジャニーズファンや、有村に裏切られたと感じたファンが、アンチと化してしまいました。インターネット掲示板では、『失恋ショコラティエの視聴率が悪いのは有村のせい』『ゴリ押しされすぎ』など、批判コメントが飛び交うことも」(芸能ライター)

 『あまちゃん』から抜け出せない能年、ジャニーズとのスキャンダルでアンチを生んだ有村。『あまちゃん』女優の今後は、前途多難のようだ。

KYON2の「私は特別な女オーラ」を学ぶべし

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク