野島タンの本領発揮!?

“あざとい”野島伸司監修ドラマ、『明日、ママがいない』の騒動は「想定内とも言える」

nojimasiniji_001.jpg
『野島伸司というメディア』(図書新聞)

 初回平均視聴率が14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまずの結果を残した、子役の芦田愛菜主演のドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)が思わぬトラブルに見舞われている。熊本市の慈恵病院が「養護施設の子供や職員への誤解偏見を与える」と、同ドラマの放送を中止するよう日本テレビに申し入れるという。

 同病院は、ドラマの中で「赤ちゃんポスト」に捨てられた芦田演じる少女のあだ名を「ポスト」と名付けるなどしていたことに、「預けられた子供を傷つけ、精神的な虐待、人権侵害になる」と問題視。

「ただ、皮肉なことにドラマの評判は上々です。これまで健気な少女ばかり演じていた愛菜ちゃんが、屈託のある子どもを演じるという新境地も見せていて、この先の展開が楽しみ、という声も多い。慈恵病院は赤ちゃんポストの設置で知られているだけに、こうした申し入れは当然と言えば当然なのですが、脚本はあの野島伸司さんですからね。こうした騒動はある意味、想定内とも言える(笑)」(スポーツ紙記者)

 野島氏といえば、『高校教師』『未成年』『聖者の行進』(いずれもTBS系)といったドラマで、暴力やいじめ、障がい者、自殺問題などを扱い、新ドラマがスタートするたびに物議を醸すことで知られる。

「一言でいえば、“あざとい”ということです。児童養護施設を舞台にした今回のドラマなんて、野島さんの真骨頂でしょう。その一方で、野島ドラマが『子どもに見せたくない番組』のワーストランキングに入ることもしばしば」(同)

 同病院の放送中止の申し入れに対し、日テレは「是非、最後までご覧いただきたい」と応じない構え。今後の展開が注目される。

『49』を同じ人が書いたと思えない!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク