しいちゃんの芸能解説講座【裏】

ケンカ上等の木下優樹菜、謝罪ばかり金爆・鬼龍院翔、ネットで荒ぶる芸能人たち

kinoshitayukina01.jpg
「アタイ、この学区の番長やねん」精神でネット上でタイマン中

編集S 木下優樹菜が画像共有サイト「Instagram(インスタグラム)」でファンとモメてるんだってね。

しいちゃん モメまくってるよ。ことの発端は1月10日、木下が「昨夜飯 ひさびさにごはんつくったw」というコメントとともに料理の写真をインスタグラムに投稿したの。すぐに、ファンから「おいしそう」といった無難な感想が寄せられたんだけど、その中に「おいしそ~やけど皿に緑と赤が足りないね!」とのコメントがあった。木下はこのファンのアカウント名とコメントをスクリーンショットして、「ごはんのせたらダメ出しきた…赤と緑たりなくてごめんなさいww 爆笑!」と公開した。さらに、その人のページに「皿に緑と赤がたりなくてごめんね」と書き込み。この行為に批判が寄せられたのか、その後、「これからは言い返しません!約束!ただ!嫌いならフォローしないでください。!見ないでください!以上!」(原文ママ)とコメント。一方、「緑と赤が足りない」と指摘したファンは「悪気なかったんです ごめんなさい!」と木下に謝罪。木下は「謝ってもらえたからさっきの消したぁ 言わなきゃ気がすまない性格。昔から言われたら言い返すし」とスクリーンショットを削除。

編集S ユッキーナ、書き込む口調がヤンキーすぎてキュンキュンしちゃう! 「さっきの消したぁ」なんてたまんないね!

しいちゃん 囃したてないの! この件について、ネットユーザーは木下に猛バッシングよ。「一般の人の悪気のないコメントに対する対応ではないよね。ちゃんと謝った方がいいんじゃないですか?」「性格悪い」「そんな事くらいで怒るなんてブログ向いてない」「サバサバキャラかと思ってた! 全然サバサバしてない。アカウント晒したり沸点低すぎだし、 ネチネチしてるやん」など、インスタグラムだけでなく巨大掲示板でも批判されてる。

編集S 炎上系ママタレとしての正しい仕事をしたまでよね! というか、「一般人」という安全地帯にいるからと、なんでもタレントに絡む人もどうかと思うわよ。芸能人としての一番オシャレな返しは、笑いに昇華することなんだけど、ユッキーナはヤンキーだからオシャレに返すという発想がないし……。

しいちゃん 翌日の夜も「アドバイスを参考に赤と緑をいれてみました」と料理の写真を投稿し、「まだ根に持ってる」とまた叩かれてる。木下は、以前もファンとモメたことがあった。昨年8月、顔写真をインスタに投稿した際、ファンが「法令線が…」とコメント。確かに法令線が目立つ写真だったんだけど、木下は「だっせーあだなw」と返答。その発言者のプロフィールに、アカウント名は「小さい頃の家族の中のあだな」と書いてあったから、相手を中傷したわけね。

編集S 小学生のケンカみたい。自分は夫・FUJIWARAの藤本敏史を「だぁー」や「トトちゃん」と呼んで、藤本は木下を「にゃーちゃん」って呼んでるのに、それは棚に上げられてるのね。「私も大概ダサいけど、あんたも同じぐらいダサいわ」ぐらい言ってほしかった!

しいちゃん 喧嘩上等の木下に対して、「ファンに気を遣いすぎ」と言われているのが、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔。鬼龍院は『めざましテレビ』(フジテレビ系)で10日放送予定の企画として、都内コンビニで最新シングル「101回目の呪い」の販売会を実施。その際、ファンと握手したことが一部から批判を浴びたの。というのも、今回のシングルには握手会イベントの応募ハガキが封入されていて、当選者のみが参加できるシステム。鬼龍院は9日、Twitterで「新譜を御購入頂き応募し当落を待っていたファンの皆様を傷付けるような事をしてしまいすみません。CDを買って下さったファンの皆様の気持ちを踏みにじるような事をしてしまいすみません。握手に応じてしまい本当にすみません。色々な状況はあれど、断るべきでした。とても後悔しています。CDを購入頂き御応募して下さったファンの皆様、本当にすみませんでした」と謝罪ツイート。

編集S 「すみません、すみません」って謝りすぎでしょ。ホント、繊細くんなんだから。

しいちゃん ネットでも、「それはそれでいいだろ。たかが握手」「どんだけファンに怯えてるんだよ」「もうちょっと気楽にいけよ」「こんなのいちいち謝ることでもないだろ」「めんどくせえ そんなん気にすんなよ」という声が多い。さらに、翌10日には、Twitterを一時休止することを発表。「一時ここをお休みします。言いたい事があっても雁字搦めで何も言えない。でも誰も悪くない。僕が情けないだけ。僕が呟くことによってその結果、巡り巡って誰かを傷付けてしまうこのツールは重い、悩んでしまう。(中略)心配かけてごめん、どんな事があっても応援してくれるファンのみんなは大事です。何でもニュースになってしまうのは気が重い。たいしたことではないのですぐ戻りますのでどうかニュースにしないで下さい、難しいかもしれませんが」とツイート。握手騒動の前日8日に、引越し業者が鬼龍院の引っ越し日をツイートしたことが明らかになり、引っ越しを取りやめたことがニュースになったばかり。それも影響してるみたい。沸点低い木下と対照的に凝固点が高くてすぐ固まっちゃうのね。

編集S 怒る木下、謝る鬼龍院、どちらもファンやネットユーザーの声を気にしすぎという点では共通してるわよ、反応の仕方が違うだけ。ユーザーはタレントが何をやっても勝手なことを言うものなんだから、いちいち気にしててもしょうがない。気にするんだったら、毎度噛みついてくるユーザーに通信簿をつけて、定期的にアップするぐらいのサービス精神がほしいわね。

しいちゃん そうそう。ファンは勝手なもの。つい先日も、関ジャニ∞ファンと嵐ファンが勝手な言い争いをしてたね。6日に放送された音楽番組『うたうで!おどるで!THEカヴァ★コラTV』(日本テレビ系)で、「日本の名曲をカバーする」というテーマのもと、関ジャニ∞が嵐の「ワイルド アット ハート」をカバーしたの。すると、一部の嵐ファンが、「歌ってほしくなかったです。自分たちが歌が下手な事くらいわかってるのに、なぜ歌がうまい嵐様の歌を歌う??」「嵐様馬鹿にするなよ。嵐=無敵」と批判。これに対し、関ジャニ∞ファンが「関ジャニ∞批判するなら見るなよ」「嵐歌下手くそだし口パク」と反論。

編集S 不毛すぎ~。どちらも同じジャニーズファンなんだから仲良くしてよね。関ジャニ∞と嵐の歌のレベルなんて、たいして変わらないでしょ! むしろ「渋谷すばる=歌うまい」という風潮をどうにかしようよ!

しいちゃん 嵐ファンは、田中聖がKAT-TUNを脱退した時も、「ウチにはラップができる櫻井がいるので、KAT-TUNにお貸ししましょうか」とツイートしてKAT-TUNファンの神経を逆撫でしてたね。もともと「サクラップとJOKERはどっちがラップがうまいのか?」というジャニーズイチ不毛な話題が繰り返されていた2人だしね。

編集S そんなファンにいちいちタレントが関与してたら身が持たない。聖のTwitterを見ればわかるでしょ? 突如ポエムしちゃったり、ドンキ・ホーテ讃美を始めたり、センスないんだから! タレントにTwitterをさせないジャニーズ事務所は正解だわね。

やっぱファンって怖いかも!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ケンカ上等の木下優樹菜、謝罪ばかり金爆・鬼龍院翔、ネットで荒ぶる芸能人たちのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!