その他
【ジャニーズ研究会レポート】

重傷者の前で呆然……関ジャニ∞・大倉忠義の『Dr.DMAT』に「イライラする」の声

jookura10.jpg
たっちょんの「呆然」演技がうまかったってこと?

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレドラマ・ネットの声>

■『Dr.DMAT(ドクターディーマット)』(TBS系、木曜夜9時~) 初回視聴率7.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

 関ジャニ∞の大倉忠義が主演するドラマ『Dr.DMAT』(TBS系)が9日スタートしました。大倉が演じているのは、大規模災害や事故の現場に急行する「災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team)」のメンバーとなった医師・八雲響。原作・高野洋、作画・菊地昭夫の人気マンガ『Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス』を原作に、過酷な状況下で命と向き合い、響が成長していく姿が描かれます。ほかに、看護師役に加藤あい、ハイパーレスキュー隊員役にHey!Say!JUMPの高木雄也らが出演しています。

 ドラマのキャッチコピーは、「10秒迷えば1つの命が消えてゆく」。一刻を争う事故や災害現場では、救命の優先順位をつけなければなりません。第1話では、トンネル内で高速バスを含む多重追突事故が発生。多くの負傷者が助けを求めて現場は混乱し、救急車が間に合わないほど……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク