[連載]マンガ・日本メイ作劇場第33回

感電、監禁、流血、脳みそ操作まで!? 少女マンガ『出口ゼロ』の異様な鬼畜度

deguchizero.jpg
『出口ゼロ』/講談社

――西暦を確認したくなるほど時代錯誤なセリフ、常識というハードルを優雅に飛び越えた設定、凡人を置いてけぼりにするトリッキーなストーリー展開。少女マンガ史にさんぜんと輝く「迷」作を、ひもといていきます。

 東京ディズニーランドにそびえるシンデレラ城の地下に、体験型RPG(でも劣化版)という感じのアトラクションがあった。ガイド役のお兄さんお姉さんに連れられて、10数名の客が団体で地下深くに降りていき、ガイドさん以外は何が大変なのかよくわからない障害を乗り越えて、ガイドに指名された客が勇者となり、剣かなんかで魔王を倒してああよかった、という「シンデレラ城のミステリーツアー」というやつだ。

 大人になってから行くと、「ガイドの人たちのテンションの高さはあっぱれである」くらいにしか思わないけど、勇者に指名された子どもは結構ノリノリで、大変誇らしそうにしていたので、「自分に子どもができたら是非ここで勇者にしてもらおう」と思っていたものである。さっき調べたらアトラクションはすでに終了しており自分に子どもはなく、山河ありって感じ。

 「なかよし」(講談社)で連載中の『出口ゼロ』は、そんなRPG風ミステリーツアーを学園生活中にやっちゃうスリル満点の漫画だ。ある夢を抱く者にとっては憧れの「D.A.アカデミー」に入学した生徒たち。夢膨らませて入学したはいいけれど、ほかの先輩生徒をまったく見かけない。全員殺されてしまったのではないかと疑惑が持ち上がり、新入生たちはパニックになって逃げ惑う。脱出を試みるも感電させられたり、 天井が落ちてくる部屋に監禁されたり、仲間割れさせられたり、暴力を含む悪質ないじめが横行していたり、“鉛”の竹刀という謎の棒で叩かれて脚を砕かれたりもする。竹刀なのに竹じゃないのか。

 その上、レディー・クイーンという名前の先生からは、あまりに厳しい課題を突きつけられる。途中で「もーダメ」と脱落して退学になった生徒は、脳みそを操作されてしまうらしい。なにそれ恐ろしい! 彼らは、薄ら笑いを浮かべてよだれを垂らしながら学内を徘徊しているようだ。今のところ、どうやって脳みそを操作したのかは謎である。一度入学したら、「やっぱやめます」が一切許されない一方通行。戸塚ヨットスクールが愉快な幼稚園に思えるサバイバルレベルじゃないか。早くマスコミが騒げばいいのに。

 生徒たちは、なぜこんな試練に耐え続けているのだろう。それは、女優(俳優)になるためである。……えっ? 

『ガラスの仮面』では泥まんじゅうも食ってたよ

しぃちゃん



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

感電、監禁、流血、脳みそ操作まで!? 少女マンガ『出口ゼロ』の異様な鬼畜度のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! マンガ・日本メイ作劇場出口ゼロのニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック