関ジャニ∞がSGチャート1位 楽曲勝負で“国民的グループ”の座を射止めるか

kanjani04.jpg
年末には紅白出演も決まっている関ジャニ∞。

【リアルサウンドより】

 最新シングルチャートの動向を音楽ライターが分析。今週はトップ3にジャニーズ、EXILEグループ、KPOPグループがランクイン。男性グループの人気が伺える結果となった。(リアルサウンド編集部)

【2013年12月02日~2013年12月08日のCDシングル週間ランキング】

1位:ココロ空モヨウ(関ジャニ∞)
2位:SO RIGHT(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
3位:3 2 1(SHINee)
4位:イジワルしないで 抱きしめてよ/初めてを経験中(Juice=Juice)
5位:バレッタ(乃木坂46)
6位:V/時給850円のサンタクロース(遊助)
7位:BUTTERFLY/いま逢いたくて…(DAIGO)
8位:いつかはメリークリスマス(DISH//)
9位:賛成カワイイ!(SKE48)
10位:ジン ジン ジングルベル(トゥィンクルヴェール from SUPER☆GiRLS)

 19.3万枚を売り上げ今週のチャート1位となったのは、関ジャニ∞の『ココロ空モヨウ』。2位は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの『SO RIGHT』、3位はSHINee『3 2 1』。男性グループ強し!というチャート勢力図である。しかも、ジャニーズ系、EXILEファミリー、K-POPと並ぶTOP3は、それぞれジャケットの写真やアートワークにそれぞれが属する文化圏やイメージの違いが生まれていて興味深い。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク