昭和のShowもなかなかド派手

「後釜を狙うのは美輪明宏」バーニングに棄てられた小林幸子にほくそ笑む影

miwasama.jpg
『美輪明宏 全曲集 2013』/キングレコード

 今年も奇抜な衣装を用意していたにもかかわらず、『NHK紅白歌合戦』に落選した歌手の小林幸子。昨年勃発したお家騒動がいまだに尾を引いているようだ。

「小林は今年こそ、『紅白』復活を望んでいて、関係者に相当頼み込んでいたそうですよ。昨年、『幸子プロモーション』の社長と専務を小林が解雇したお家騒動が勃発しましたが、その際、各方面に便宜を図り事態を収束させた、音楽業界の重鎮・ワクイ音楽事務所の和久井保社長にも懇願したとか」(音楽業界関係者)

 和久井社長とは、その業界で知らない人がいないほどの大物プロモーター。2006年、森進一が作詞家である川内康範に無許可で「おふくろさん」を歌い続け、川内が著作権侵害で訴えた“おふくろさん騒動”でも、事態の沈静化に奔走した人物だ。

「一時は歌唱禁止に陥ったものの、和久井さんの働きかけもあり、森さんは無事に『おふくろさん』を再び歌うことができるようになったのです。業界に精通している和久井さんだからこそ、そこまで話がこじれずに済んだのでしょう」(芸能事務所関係者)

 そんな和久井社長に泣きついた小林だったが、今回ばかりは歯が立たなかったようだ。

「今年の紅白のラインナップを見てもわかるように、なんでこの人が? と首をかしげるような人物が入っている。事務所の利権が絡み合っている証拠ですよ。『紅白』はバーニングの周防さんが仕切っているも同然のため、他事務所の歌手を入れ込むことは容易ではありません。和久井さんが入れ込もうといくら動いても、周防さんの反対によって、小林は出場とはなりませんでした」(前出・芸能事務所関係者)

 小林の野望空しく、今年はドハデ衣装での復活はならなかった。しかし、そんな奇抜衣装枠を狙っている人物がいるという。その人物とは、昨年、圧巻のパフォーマンスを見せつけた美輪明宏だ。

「今年も出場が決まる前から、衣装を用意していたそうですよ。本人はやる気満々です。昨年は黒一色の質素なステージに黒髪で登場。文句なしの歌唱力で視聴者を引きつけましたが、今年は金髪解禁か? なんて、業界ではいわれています」(同)

 落ちた人、受かった人、歌手の悲喜こもごも。歌合戦の模様より、舞台裏の駆け引きの方がずっと面白い物語がありそうだ。 

昭和でShowはムリとか言わせないわよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー