その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Sexy Zone兄組が、まさかの「マリウスの通訳へなちょこ説」を暴露!

jmariusu06.jpg
マリウス、へなちょこ英語は「JIN AKANISHI」って言われちゃうよ!

<アイドル誌チェック!!>

 「Wink up」2014年1月号(ワニブックス)の表紙は、NEWSソロ表紙シリーズ第3弾として、加藤シゲアキが登場。「加藤シゲアキってじつは、かわいいんです。」というコピー通り、真っ白のモコモコ素材のパーカーを羽織り、ほっぺを膨らませてカメラを見据える加藤は、いつもの真面目なインテリイメージとは違って、非常にかわいらしい姿! 巻頭には「加藤シゲアキ オフショットだけのほぼ“素”スペシャル」と題し、趣味の釣りに勤しむ姿、リンクでスケートを楽しみはしゃぐ姿など、ナチュラルな笑顔の写真が誌面全体に散らされています。

 NEWSのソロシリーズ、他のメンバーはインタビューという形でNEWSとしての歩みや自身の葛藤を告白していましたが、加藤は自分で原稿を書くという気合の入れよう。『ピンクとグレー』『閃光スクランブル』(ともに角川書店)を著書に持つ小説家でもある加藤だけに、その文章は自分から逃げずに自分の弱さも露呈する内容となっています。

 高校生でデビューした際には、“25歳までにゴールデンで主役をはる!”という夢を誓い、叶わなければこの世界を辞める覚悟もあったという加藤。23歳になっても……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク