前田敦子も通った道

SKE48・松井珠理奈、「鈴懸~」初日ミリオン不達成より深刻な容姿劣化

jyurina_cd.jpg
「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの (Type A)」/キングレコード

 AKB48の最新シングル「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」の初日販売数が、100万枚に届かなかったことが話題になっている。5月リリースの「さよならクロール」から連続していた初日ミリオンの記録が途絶えてしまい、ネット上では「人気やばいな」「ちょっと買い足ししなきゃ」といったファンのコメントであふれ返っている。

 新曲「鈴懸~」は、76文字の史上最長タイトルが話題となり、「鈴懸なんちゃら」という公式略称まで発表された。しかし選抜メンバー16人中10人がCD初選抜とあって、予想以上の苦戦が強いられているようだ。

「ご存知の通り、AKBのCD売り上げは、握手会参加や『選抜総選挙』の投票券といった特典によるところが大きい。今回の『鈴懸なんちゃら』にも、握手会参加のほか『AKB48 リクエストアワー』の投票券の特典がついていましたが、初日ミリオンを達成できなかった。『リクエストアワーの投票権がなかったら本気で危なかった』と、人気の翳りを危惧する意見が多いです」(芸能ライター)

 さらにファンたちの間では、「鈴懸~」のセンターであるSKE48・松井珠理奈の“ある変化”が危惧されているという。

「ずばり松井の容姿の劣化について。ここ1~2カ月ほどの間でも、松井の容姿に関するトピックが、ネット上でいくつも見受けられました。『デビューした時と比べると、顔がのびた』『あごが残念』『全体的にゴツくなった』といった声が、次々と書き込まれています」(芸能記者)

 2008年にSKE48のオープニングメンバーとして加入、11歳にして単独ジャケットを飾った松井も、現在16歳。秋元康氏に「スターの雰囲気を持っている」と言わしめた逸材だが、マスコミ関係者からも迷走感が心配されているという。

「夏にヘアチェンジして前髪を作ったことが、『劣化』といわれる原因の1つではないでしょうか。さらに年齢に比べて大人びた容姿も一因で、1~2年ほど前には『美人に急成長』と言われていたのが、今では歳相応以上の外見が逆にマイナスに見られることに。可愛かったはずの子役が、成長とともにきらめきを失ったかのような喪失感を覚えます」(同)

 さらに松井の“武器”である「ウケないオヤジギャグ」についても、「容姿劣化とともに、“迷走”している感も。松井にとっては今が正念場でしょう」(同)という。しかし容姿をいじられるのは、かつての“絶対的エース”前田敦子と同じ道。若くして周囲の期待を一身に背負うことになった松井の苦悩は、今後も続いていくのだろうか。

アラフォー独身元バラドルのような風格

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー