今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

国民的イベントもどきの量産体制に入った日本テレビ、一方フジテレビは……

realrobot.jpg
『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』(日本テレビ系)公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎浅さでは負けない日テレ
 『ワラチャン!』に『リアルロボットバトル』に『歌唱王』に『頭脳王』かぁ。欲張るなぁ日テレ。何かウチ発信で国民的イベントになるもん作れねぇかな。とりあえず片っ端から立ち上げてみっか! そんな感じ。アグレッシブといえばアグレッシブだが、浅いといえば限りなく浅い。『鳥人間』はもう旨みないしな。なるべく裁判にならない、リスクの少ないヤツで! そんな血の叫びが聞こえる。

 ま、浅かろうが何だろうが、アグレッシブなだけいい気もするが。フジテレビなんか、もう一切のやる気なし。大みそか、夜7時から、ありものVTRでのスポーツ特番を早々に決定。やる気がないどころか、生きる気すら感じられない。尊厳死か。

◎落ち着け、デヴィ夫人
 「番組を台無しにした整形疑惑のK・R!」とブログで名指しで小島瑠璃子に怒り心頭のデヴィ夫人。「あたくしのダンスが毎回優勝してたのよ! キーッ!」てことらしいが。あそこで「優勝はデヴィ夫人」って言って方が、バラエティとして番組が台無しになってたと思うが。

 「優勝は、アニマル浜口さんの腹芸です!」は、着地点として、ある意味一番の「正解」であったと思う。さんまも、「デヴィ夫人優勝じゃあまりにつまらんしなぁ。ここで流れを変えな。それができるヤツは誰だ」と、メンツの中で最も化学反応の強そうな小島瑠璃子を選んで選ばせたんだろうし。

 ホリプロも何も怖いものなしのデヴィ夫人。まあ向こうも恐れをなしてというよりは、おみそ扱いで無視してる、って感じに近いと思うが。「整形疑惑」ねぇ。悪口のレベルとしては「お前のかーちゃんでーべそ」に近いものがある。またあんまり整形感ないしな小島瑠璃子。これが板野友美だったりしたら、ひと揉めふた揉めあったかもしれんが。

とりあえず、ホリプロ側ガン無視という形で収まりつつある今回の件。そもそも「整形疑惑」ってオマエが言うか、って話だよな。「あたくしは疑惑じゃないですよ。クロです」ってことなのか。歳とっても元気いっぱい。素敵。

◎式典に現れた奇人
 マンデラ大統領の追悼式典で、各国の首脳の横に立ち、デタラメ手話をしていた人物が話題に。マンデラ大統領の追悼という「ちゃんとしなきゃならない」感じに、この与太っぷり、実にいいコントラストだ。

 ちゃんとしなきゃいけない場であればあるほど、イタズラって映える。聞けばこの人、これまでも、いろんな国をあげての大きな行事に参加しては、同じことをやってるそうではないか。「天丼」という概念が南アフリカにもあったとは。そして毎回無罪放免とは。ここ一番の国家行事に欠かせない、南アフリカ公認のゆるキャラってことなのかもしれないな。今後も活躍に期待大だ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク