歌姫・浜崎あゆみ3年ぶりシングルでDJ Hello Kittyとコラボも、SMAPと丸被りで大ピンチ!?

hellokitty1210.jpg
ハローキティ40周年スペシャルサイト

【日刊サイゾーより】

 クリスマスの今月25日に、約3年ぶりのシングル「Feel the love / Merry-go-round」(avex trax)をリリースする浜崎あゆみ。所属事務所のエイベックスは、タイトル曲である「Feel the love」が、“DJ Hello Kitty”による世界初サウンド・プロデュースであることをしきりにアピールしているが、この夢のコラボに思わぬ事態が起きてしまった。

 同曲のPVにも出演している“DJ Hello Kitty”だが、キャラクターではなく、エイベックスに所属する“タレント”という扱い。2010年にDJミックスCDをリリースしたほか、現在もクラブイベントなどのDJブースで、着ぐるみがプレイをしているようだ。

 歌姫と、世界的キャラクターの夢のコラボは、話題性十分のはずだったが、不運にもあの国民的アイドルグループと被ってしまったという。

「浜崎さんのCDのちょうど1週間前に発売されるSMAPのシングル『シャレオツ/ハロー』(ビクターエンタテインメント)が、本家ハローキティとがっつりコラボしているんです。“ハローキティ40周年記念オフィシャルソング”である『ハロー』が収録されているほか、“初回限定盤B”と“サンリオ限定盤”のジャケットでは、メンバーがハローキティの巨大な顔がついた衣装を着ている。さらに、CDに封入されているシリアルコードで、ハローキティグッズなどが当たるキャンペーンを行うなど、SMAPのほうが公式色が強い。話題性を狙っていた浜崎サイドにとっては、痛手でしょうね」(芸能記者)

 確かに、サンリオやハローキティのオフィシャルサイトを見ると……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク