カイヤ、「色々な恋をしていきたい」宣言! 自信のワケは35キロの大減量?

kaiya-moringa.jpg

 先月、マイナス35キロのダイエットに成功し、スリムな体形をブログで公開したカイヤ。プライベートで撮影したというその写真は、ベッドで横たわるカイヤが布一枚で体を覆ったものと、テンガロンハット&デニムのショートパンツで上半身はヌードという露出の激しいもの。さらに、撮影したのは現夫で別居中の川崎麻世ということもあり、マスコミでも話題になりました。

 ダイエット前は、腰から太ももにかけてドッシリと脂肪がつき、顔も肉でパンパンでタレントとしては厳しいビジュアルだったカイヤ。ところが、35キロ減を達成したその姿は、「どこぞの海外セレブ?」というほどの美しさ。51歳には到底見えず、ヒステリックなイメージすら一転する、驚きの変貌を遂げています。

 カイヤがダイエットに取り組み始めたのは今年5月。それまでは断食など、さまざまなダイエットを繰り返してはリバウンド、そしてまたダイエット……という日々だったとか。中年になり代謝が落ちたことや、ベジタリアンということも重なり、大して食べていないにもかかわらず全然痩せないという悩ましい体質なんだそう。また、水分も体内に溜めこみやすく、朝晩の体重が違ったり、むくみにも苦労していたようです。

new_ moringa.jpg

 そんな中、「モリンガシェイプ」を飲み始めたところ、2週間程で肌のコンディションがよくなり、周りに褒められることが増えたんだとか。徐々にむくみも軽減され、便秘気味なお通じもリズムが整うように。「モリンガ」はメディカルハーブとして知られていて、約90種類の栄養素を含み、地球上の可食植物の中でも群を抜いて高い栄養価を誇っているんだそう。ポリフェノールは赤ワインの30倍、食物繊維はごぼうの6倍もあるから、ダイエットの相棒としては最適ですね。

 カイヤのダイエットの主な内容は、食事バランスを考えることと運動をすること。食事は極端に減らさず、あくまでバランスを重視。開始から2カ月あたりで停滞期に突入し、一気に4~5キロリバウンドしてしまい、挫折しそうになったこともあったんだとか。それでも犬の散歩やヨガ・ストレッチを続けたところ、3カ月過ぎた頃から体脂肪が着実に減り始め、そこからは比較的スムーズに減少していったそう。

 何度かあった停滞期も、「絶対成功させてやる」と己を奮起させることで乗り越え、見事35キロ減という大幅な減量に成功。成功の秘訣は継続すること。そして、もう1つの成功の秘訣はなんと「ラブ」なんだとか。なんでも、「恋をすると不思議とおなかが空かない」とカイヤは熱く語っているそうで、ダイエット成功を報告したブログでも「私はこれから色々な恋をしていきたいなぁ!」と堂々の宣言。

 美しい美貌とスタイル、そしてなにより明るく穏やかな表情に変わったカイヤ。新しい恋の報告は、もうすぐかもしれませんね。

モリンガシェイプ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー