その他
【ジャニーズ研究会レポート】

新生KAT-TUN発動も、実は互いに不満ばかり!?

jueda02.jpg
うえぽ、餓鬼みたいな食べ方しないで……

【ジャニーズ研究会より】

 12月2日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)、「日本の男オールスター2時間スペシャル」に、4人となって初のミニアルバム『楔-kusabi-』を発売し、本格始動したKAT-TUNが出演しました。この日彼らに用意された企画は「KAT-TUNのリアル不満007」。再出発を果たした4人の絆を深めるべく、メンバー同士が不満をぶつけ合うというものでした。

 「事あるごとに話し合いはしてきてますから」(亀梨和也)、「ホントに(不満は)ないと思います」(中丸雄一)と自信満々のメンバーたち。が、フタを開けてみれば、実は全員がそれぞれへの不満を抱えていました。上田竜也は中丸について「一緒にご飯に行っても面白くない」と激白。上田いわく、中丸はメニューを選ぶなり食事前に買った本をずっと読んでいるらしく「だから会話せずに食べるだけみたいな。それはちょっとないんじゃないかな」と訴えます。中丸は「中学生ぐらいからの仲なので、仲が良すぎてそういう時間が発生してしまいますよね」と前向きに開き直ってみせますが、レギュラー陣から「『昔から知ってるから』は関係ない」と指摘され、「わかりました」と素直に認めていました。

 また田口淳之介によると、中丸は現場であいさつをしても「10回に2回ぐらいしか返ってこないんですよね」「機嫌が悪い時はシカト……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク