泣けない!? 『明日、ママがいない』主演・芦田愛菜に付きまとう、やしろ優の「あのねっ、芦田愛菜だよ!」のイメージ

ashidamana1129.jpg

【日刊サイゾーより】

 子役の芦田愛菜(9)が、来年1月期の連続ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で主演を務めることが分かった。芦田にとって連ドラは、『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)以来、1年半ぶりとなる。

 同作は、児童養護施設「コガモの家」で生活する子どもたちを描く“愛”の物語。母親が傷害事件を起こし、施設へ一時預けられることになった真希(鈴木梨央)。そこで出会ったのは、ポスト(芦田)、ピア美、ボンビと、奇妙なあだ名で呼び合う少女たち。その理由を、ポストは「親からもらったものは全部捨てるんだ、名前もね」とあっけらかんと話す――。

 「21世紀で一番泣けるドラマ」をうたう同作。早くもヒットが期待されているが、制作サイドには懸念材料があるという。

「ものまねタレントのやしろ優が付けた、芦田のイメージです。今年のやしろは、芦田のものまねでブレークし、そこかしこで『あのねっ、芦田愛菜だよ!』を連発。しゃべり方の特徴を面白おかしく誇張し、『あのねっ、バミリがないじゃん。どこに立てばいいの?』『あのねっ、鈴木福くんとは話が合わないよ!』……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク