『夜の日本史』著者・末國善己氏インタビュー

「謙信はガチホモ」「秀吉はブスとヤらない」歴史上の偉人、“男”としての楽しみ方

yorunonihonsi.jpg
『夜の日本史』(辰巳出版)

 数年前に巻き起こった「歴女ブーム」――。歴史の偉人たちは、いまや世の女たちの「愛でる対象」として定着しつつあります。あの老舗週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)までもが、「女子大生・OLに聞いた彼氏にしたい歴史上の人物」というアンケートを実施してしまったほどです。気になるそのベスト3には、坂本龍馬、織田信長、土方歳三が名を連ねるほか、ほかにも徳川家康や上杉謙信、豊臣秀吉、武田信玄らがランクインしているよう。

 現代女性たちが「彼氏にしたい!」と胸をときめかせる武将たちは、一体どのような素顔を持っているのでしょうか。今回、歴史を彩った偉人たちのセックス模様をつづった『夜の日本史』(辰巳出版)の著者・末國善己先生に取材を敢行。女性に人気の歴史上の人物について、その夜の顔を調査してきました!

――まず、女性人気が高い歴史上の人物は、「NHKの大河ドラマで取り上げられた人物」という特徴があるようです。例えば上杉謙信は、6年前の大河ドラマ『風林火山』でGACKTが演じており、女性からの支持が高いです。

末國善己氏(以下、末國) 上杉謙信は、結婚せず女性との肉体関係を持たなかった生涯不犯の武将です。要するに童貞なんです。どれだけの美女がお色気ムンムンで迫ったとしても謙信はなびかないでしょうね。謙信は美少年好きだったんです。今の言葉で言うとガチホモっていうのかな(笑)。

 ほかにも戦国武将には衆道(武士の男色)の嗜みがあったといわれており、武田信玄や織田信長も、家臣と肉体関係を持っていたといわれています。信長と聞くと、やはり森蘭丸とのエピソードを連想する女性も多いでしょう。蘭丸は細身の美少年というイメージが強いのですが、実際はマッチョだったようです。武術の達人だからこそ、傍に置かれていたんです。有力な家臣をつなぎ止めるという意味でも、男性と関係を持つのは重要だったわけです。

――初っ端から、女の出る幕がなくなってしまいましたが(笑)、BLの香りがしない武将はいないのでしょうか?

末國 農民出身の豊臣秀吉には衆道の嗜みはありませんでした。側室・淀の方のためにお城まで作っちゃうくらい気前のいい男。しかし彼は、美人しか相手にしませんでした。自分自身の容姿にコンプレックスがあったためか、彼が側室に選ぶ女性は美人ばかり。見栄っぱりな性格なので、イイ女を連れて歩きたいってことなのでしょうね。そのせいで、妻の寧々を泣かしたこともあったようです。信長が寧々を励ますために送った手紙も残っています。自分の容姿を試したいという女性は、チャレンジしてみてもいい人物です。

 ちなみに徳川家康は経産婦フェチ。未亡人キラーってやつです。しかしそういう性癖という意味ではなく、経産婦=子どもを産むことができるという部分を重視していたのでしょう。子だくさんはお家安泰にもつながりますから。

秀吉とはマジでヤリたくね~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク