その他
【ジャニーズ研究会レポート】

ギターを始めた草なぎ剛に、稲垣吾郎&木村拓哉が「頼って」「寂しい」の大合唱

jkusanagi09.jpg
頼らないのがつよぽんの流儀

 ジーンズへのこだわりや韓国語習得など、興味を持ったことへの探究心が強いSMAP・草なぎ剛が、趣味でギターを始めたことがファンの間で話題になっています。8月30日放送の『「ぷっ」すま 』(テレビ朝日系)のエンディングで、ユースケ・サンタマリアが「ところで剛、最近ギターやってるよね?」と話を振ったことから発覚。草なぎは「やってる。それはまだ言わないでよ。うまくなったらやろうと思ってんだから」と、秘密裏に練習していたことを告白しました。結成から25年が経過してもプライベートではほとんど関わりを持たないことで知られているSMAPですが、草なぎの新たな趣味に対し、メンバーはどんな反応を見せているのでしょうか?

 ギターを始めて「まだひと月もたってない」という草なぎですが、番組では話の流れから練習の成果を披露することに。「罰ゲームだよ、これ。初めてやるよ、人前で」と照れながらも、弾き語りで井上陽水の「夢の中へ」を演奏しました。そんな草なぎに対してユースケが付けた得点は、なんと100点中2点。これを受け、以降の放送ではライブで弾き語りができることを目標に「緊急レギュラー企画 草なぎ剛ギターマンの道」というコーナーが作られました。

 そんな中、SMAPの中でもギター経験者である稲垣吾郎がパーソナリティを務めるラジオ番組『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送、9月12日)に、草なぎがギターを始めたことについて……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク