ほぼ無職の夫のため?

スザンヌ、マタニティフォトに「お花畑妊婦」の酷評! 元Paboの格差も明確に?

suzannu_photo.jpg
MUSE&Co.」より

 「ずっと憧れていた」というマタニティフォトを披露したスザンヌについて、酷評の嵐が巻き起こっている。来年1月に出産予定の男児との“初共演”となり、スザンヌも「一生思い出に残るようなすてきな写真が撮れたので、ぜひみなさんにも見てほしいです」とコメントを発表しているが、ネット上では「ママタレ狙ってるから必死だね」「人様の目に晒すもんじゃない」「まさにお花畑妊婦」などと、批判の書き込みばかりが目立っている。

 スザンヌは今年9月にも自身のブログに、おなかを出したビキニ姿の写真アップをしていたが、こちらについても「どうして見せたがるのか謎」などと批判が噴出していた。かつては、女性人気も高かったスザンヌだが、好感度低下のきっかけになったのは、2011年末に元ソフトバンクの斉藤和巳と結婚した頃からだという。

「交際発覚時には、斉藤が離婚の調停中であること、また入籍前にも前妻や子どもに対して慰謝料や養育費を一切支払ってないことなどが、一部週刊誌で報じられ、合わせてスザンヌの好感度も低下。実際の夫婦仲はというと、バラエティ番組で『いつも旦那さまを近くに感じていたい』とトイレの最中でもドアを開けっ放しにしていると話すなど、周囲が引くくらいのラブラブっぷりのようですが、そういったアピールに辟易とする女性も多い。当人同士ではなく、周囲の関係者がスザンヌのファン離れを心配しているようです。一部では離婚説もささやかれたほどですが、現在もその気配はありません」(週刊誌記者)

 実生活は順調そのもののようだが、芸能生活の方は、かつてフジテレビの人気バラエティ『クイズ!ヘキサゴンII』でユニットを組んでいた里田まいや木下優樹菜と比べると「どうしても格差は否めないですね」(同)という。3人が在籍したユニット・Paboは番組終了とともに解散してしまったが、それぞれ結婚してタレント活動を続ける3人は、度々比較されるようになった。

「里田は、楽天初日本一の立役者である田中将大を支える“アゲマン”妻として、一躍人気者に。ジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得した里田の料理は、ネット上で大絶賛されています。また木下は、結婚・出産をへても人気は衰えず、ブランドプロデュースや『笑っていいとも!』(フジテレビ系)レギュラーなど、第一線で芸能活動を続けています。産後すぐに仕事復帰した際は批判も浴びましたが、それを吹き飛ばすような活躍ぶりです。一方でスザンヌは、今回のマタニティ写真についても、関係者の間ではコーチを引退してほぼ無職状態の夫のために“一肌脱いだ”といわれている始末です」(同)

 里田や木下にかなりの差をつけられてしまった上に、素肌を晒して叩かれるというスザンヌの現状。夫や家計を支える良き妻には間違いないはずだが、果たして世間からも、前向きにとらえてもらえる日は訪れるのだろうか?

あなたが笑った妊婦ヌードは誰? あたちはうの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク