『夫のカノジョ』の影に隠れて

『海の上の診療所』、ひっそりと月9最低視聴率3位に、“共演”戦略も滑った!?

uminoue.jpg
『海の上の診療所』(フジテレビ系)公式サイトより

 今世紀民放連続ドラマの最低視聴率3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を更新し、打ち切りが発表された『夫のカノジョ』(TBS系)。マスコミがこぞってこの話題を取り上げる中、人知れず月9ドラマ『海の上の診療所』(フジテレビ系)の視聴率も“大爆死”しているという。

「初回こそ、15.6%とロケットスタートを記録しましたが、その後徐々に数字が落ち始め、第6話では8.9%に。これは、月9視聴率ワースト3位の記録です。月9の最低視聴率を更新した『ビブリア古書堂の事件手帖』が8.1%でしたから、『海の上の診療所』が最終回までにその記録を更新、なんてこともありえます。低視聴率すらも注目されないなんて、ちょっと物悲しいですね……」(芸能ライター)

 今期は『夫のカノジョ』以外にも、視聴率王と呼ばれたSMAP・木村拓哉の『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(TBS系)の視聴率低迷が騒がれている。そのため、『海の上の診療所』の視聴率にはそこまで注目は集まっていないようだ。しかし業界内では、主演・松田翔太の今後の俳優活動を不安視する声が高まっているという。

「松田は数字が獲れない俳優ということが、印象づけられてしまったのです。今年春放送の連ドラ『潜入探偵トカゲ』(TBS系)で主演を務めましたが、全話の平均視聴率は9.9%で、これは同クールの民放4局・午後8~10時台放送のドラマ内で、14作品中12位の記録です。また、2011年放送の主演ドラマ『ドン★キホーテ』(日本テレビ系)も、10.9%でパッとせず。今のところ松田のピークは、07年の深夜ドラマ『LIAR GAME』主演でしょう。23時台の放送時間にもかかわらず、平均視聴率11.9%を記録しました。そのほか、松田といって思い浮かぶ作品は、8年前の『花より男子』(TBS系)ぐらいなのでは」(同)

 そんな窮地に立たされている『海の上の診療所』だが、制作サイドが視聴率を見込んで投入したであろう“隠し玉”も、「完全に滑ってしまった」(芸能関係者)といわれている。

「同ドラマは、松田演じる医師・瀬崎航太が、船で瀬戸内海の無医村を回るというストーリー。1話ごとにマドンナが登場して、航太が恋に落ちるという1話完結ものなのです。そのマドンナの1人が戸田恵梨香で、航太を追い続ける謎の女として登場しています。いわずもがな松田と戸田は『LIAR GAME』で主演を務めた2人であり、制作側は人気ドラマの恩恵に預かろうとキャスティングしたものと見られます。しかし、その肝心の回が9.9%と2ケタを割ってしまった。これには落胆せざるを得なかったことでしょう」(同)

 このままひっそりと、“月9最低視聴率”を更新してしまうのだろうか? 松田の俳優生命をかけた巻き返しに期待したい。

むしろ武井咲が……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム