その他
【ジャニーズ研究会レポート】

東山紀之・坂本昌行・国分太一が明かす、ジャニーズお年玉習慣の始まり

jkokubun01.JPG
太一は少額でもうれションしてくれそう

【ジャニーズ研究会より】

 11月20日放送の『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)のトークゲストは、少年隊・東山紀之とV6・坂本昌行でした。MCの国分太一が「この奇跡の3ショットを見てくださいよ!」と言う通り、東山、坂本、国分の3人にはそれぞれ深い関係があるのです。

 国分と坂本は同じ日にジャニーズ事務所に入所。また1度事務所を辞め、会社員になった坂本の復帰を手伝ったのが国分でした。その後、事務所に復帰した坂本にチャンスをくれたのが、先輩である東山。彼の実力を認めていた東山は、坂本を付き人に指名し、バックダンサーに抜てきします。坂本が東山の付き人を始めたのが1992年のこと。「最初に坂本を見た時に、ホントに歌も踊りもすごくうまかったの。この子はすごいなぁというので、目を付けてたじゃないけど、そのうち伸びるんじゃないかなぁと思ってたの」と振り返ります。

 そこから1年半~2年ほどの付き人期間中、なんと東山は自腹で坂本にギャラを支払っていたのだとか。坂本は「だからその時は固定給がちゃんとしてて、安定だったの」と笑っていましたが、お金をもらいながら勉強させてもらえるなんて、何とも贅沢な話。坂本によれば、実はトニセン(20th Century)は全員が付き人を経験済で……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク