[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

ドラマは一桁台、『仕分け∞』も二桁届かず……関ジャニ∞視聴率に限界が!?

murakamimuramura01.jpg
オタにとってもヒナにとってもあのドラマはなかったことにしよ?

 11月16日に放送された関ジャニ∞・村上信五主演のスペシャルドラマ『ハクション大魔王』(フジテレビ系)の視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大惨敗を喫したことが話題となっている。同じく関ジャニメンバーでは、錦戸亮の主演ドラマ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』(フジテレビ系)も下降を続け、19日放送の第7話では過去最低の7.5%を記録してしまった。ドラマでは苦戦続きの関ジャニメンバーだが、バラエティ番組の視聴率はどれくらい稼いでいるのだろうか?

 関ジャニ全員が出演している冠番組『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)は、2011年9月からゴールデンに昇格。「最強歌ウマ軍団にカラオケの得点で勝てるか仕分け」「最強アーティスト軍団にリズム感対決で勝てるか仕分け」などの企画で人気に火がついた。

「昨秋から今年5月までは、2時間SPで10~14%台と高数字をマークしていましたが、5月25日に9.3%を記録して以降は8~9%に甘んじることが多くなっていますね。10月19日の通常放送は12.8%でしたが、11月2日は2時間SPで7.5%、16日も9.7%と二桁には届いていません。カラオケ企画では、歌手のMay J.をブレイクに導くなど一時は大流行しましたが、数字を見る限り視聴者が『企画に飽きてしまったのかな』という印象です。カラオケ企画はほかの歌手が対決しているのを見ているだけなので、一部の関ジャニファンからは『つまらない』という声も出ていますしね」(芸能ライター)

 またそのほかに、村上・丸山隆平・安田章大が出演している『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)は、5%前後の視聴率で同時間帯の民放最下位が常連。安定した数字を獲るご長寿番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)とぶつかると特に数字が下がる傾向にある。村上は『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でMCを務めているが、こちらは午後11時59分スタートにもかかわらず一桁後半を獲得。数字が獲れることで有名な“マツコ・デラックス効果”も作用しているのだろう。

「来年1月からは、大倉忠義が民放の連ドラに初主演する『Dr.DMAT』(TBS系)が決定していますが、早くも大コケしそうな予感です。TBSの木曜9時台は、一桁後半に終わったKis-My-Ft2・玉森裕太主演『ぴんとこな』や、同枠最低記録の3.0%を出した川口春奈主演『夫のカノジョ』を放送している鬼門の枠。テレビ朝日系ドラマに差をつけられることも多いため、この枠から大ヒット作が生まれた例はまだありません」(同)

 昨年は『仕分け』人気とともに年末の『NHK紅白歌合戦』に初出場し、大躍進を果たした関ジャニ。『仕分け』の数字も落ち着き、メンバーのドラマも当たっているとはいえない現状だが、さらなる伸びしろは残っているのだろうか。

8周年で燃え尽きちゃった?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと