[女性誌速攻レビュー]「VERY」12月号

幸せな主婦像から脱却した「VERY」、わかったふうな顔の裏に潜む「複雑な牽制合戦」

very201312.jpg
「VERY」2013年12月号/光文社

 「VERY」(光文社)はここ5年10年、中身も読者の年齢層もどんどん変化しています。しかし周囲の男性(特にアラフォー以上)からは、「『VERY』に出てるようなコンサバな女性好きなんだよね!」なんてことを言われることも。そう言われるたびに筆者は、「いや、いまどき『VERY』に白シャツにタイトスカートみたいなコンサバはいないし、想像してるのと全然違うと思うよ……」とモヤモヤしています。

 ファッションページを見ても、カジュアル派の筆者にも参考になるアイテムが多いし、以前ほど「『VERY』妻って、なんかとっつきにくいなあ……』という印象もなくなりました。

 ただ、明らかに足りなくなったものといえば、「私はアナタより女として上なのよ」という威圧感。もちろん、まったくなくなったわけではありませんが、うまいことトゲがなくなり、まろやかになった感じ。いや、「VERY」の目指す理想の女像が、より複雑になったという方が正しいのかもしれません。

<トピック>
◎普通っぽいのにオシャレに見える人の着こなしテクニック
◎私たちがいま読みたい本とマンガ
◎冬は外面美人でいいんです!

■大切なのは“誤差レベル”のオシャレ?

 先述の「複雑になったと」という点は、第一特集の「普通っぽいのにオシャレに見える人の着こなしテクニック」にも垣間見えます。

 これが昔のファッション特集だったら、もっと「私はアナタとは違うのよ!」という特別感が全面に出ていたと思うのです。けれど今では、浮いたり目立ったりはしないけれど、横並びに見えるママ友コミュニティの中で、「でもこの人はちょっと違う。オシャレをわかってる」と、誤差レベルのオシャレを感じさせるような、細やかな特別感を感じさせる内容になっています。

 この微細なオシャレとは、「クルーネック(首つまり)のニットが流行っているから、ボリュームのあるネックレスを取り入れる」とか、「若い世代で流行っているニット帽を『VERY』らしく取り入れる」といったもの。微細すぎて、男性にはさっぱりその特別感がわからないでしょうし、以前のように「『VERY』は、コンサバだけどちょっと色っぽい」と、男性にファンタジーを抱かせることも少なくなっています。

ねぇ言ってよ「専業主婦いぇ~い!」って、言ってよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに