【うわさの会見現場から】

「みのもんたはNGワード」和田アキ子会見に、「身内に甘すぎ」のブーイング!

godsister2.jpg
「破ッ!」と一発かましてよ~

 歌手の和田アキ子が12日、都内でスカパー!の音楽番組『人生こころ歌』の収録後に取材に応じた。スカパー!側が番宣のために用意した会見だったが、集まったマスコミが和田に求めるのは“芸能界のご意見番”としての発言。和田が囲み会見を行うとなれば、「取材時間の半分以上が、旬の芸能ネタを和田がぶった斬るプチ『アッコにおまかせ!』(TBS系)状態になるのが常」(芸能記者)だという。しかし今回は珍しく、現場でNGワードが指定されたという。

「今回の現場では、スカパー!側から、みのもんたと板東英二の話題は出さないでくれ、と注文が入りました。ホリプロからのお達しを受けたのでしょうが、取材ディレクターに『その2人に関しては聞かないでくれ』とお願いしたようです」(ワイドショー関係者)

 このNGワード指定には、当然不満が噴出した。

「和田は『アッコにおまかせ!』で、みのさんの騒動には『友達であることは変わらない』と生ぬるいコメントをしていましたが、『身内に甘すぎ』と言われてもしょうがないですね。毒舌を発揮できない相手については質問NGにして、ご意見番としての威厳を保ちたいのかもしれませんが……」(芸能ライター)

 しかし、たとえNGを出されても手ぶらでは帰れないのが芸能マスコミ。格好の餌食になったのが、元モーニング娘。の矢口真里だった。

「ちょうど矢口が、離婚の原因となったといわれている“間男”梅田賢三との交際続行を報じられたタイミングだったので、会見の最後にそのネタをぶつけた記者がいたんです。ホリプロのスタッフは『アッコさん、答えなくていいですから』と止めに入りましたが、和田は『いいよ、大丈夫』とスタッフの制止を振り切って『周りのことをもうちょっと考えないと。人間として女性として寂しい』と語りました。ようやく“芸能界のご意見番”としての本領を発揮した感じでしたね」(前出・ワイドショー関係者)

 結果的に和田は、矢口のおかげで、取材陣からの株を下げたままにせずに済んだということか。こうした“お膳立て”が必要なご意見番というのも、なんとも物悲しいものだが……。

こっちのアッコちゃんにご意見番を譲っちゃえば?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク