今、注目のKINAKUSA GIRL★

福王寺綾野、盗作疑惑で炎上! 「元ジャニーズ、AV男優まがいの夫もキナ臭い」

hukuojiayano.jpg
Oui, Ayano Ruban公式サイトより

 日本画家・福王寺一彦を父に、ジュエリーブランド・AHKAHの設立者・福王寺朱美を母に持つ、tinkpink JAPAN代表取締役兼デザイナーの福王寺彩野。今年10月、元ジャニーズJr.で俳優の魚谷輝明と結婚、東京ディズニーランドで行われた盛大な結婚式は大きな話題を呼んだ。ところが現在ネット上で、福王寺のブランド・Oui, Ayano Rubanの新作コートが盗作ではないかと、波紋を呼んでいるという。

「福王寺がブログにアップしたマフラー付きコートが、カルヴァンのウールアンゴラコートに酷似しているといわれています。確かに、誰の目に見ても似ていて、その堂々としたパクリぶりに、ネットユーザーはあきれ果てていますよ。ほかに、モスキーノのエンベリッシュシフトドレス、ルブタンのハイヒールの盗作疑惑もあります」(芸能ライター)

 こうしてネット上で盗作疑惑が取り沙汰されている現状について、「福王寺と魚谷の結婚が、非常にキナ臭い印象を与えたことが起因しているのでは」と、芸能関係者は分析する。

「魚谷は、1996年にジャニーズ事務所に入所し、関西ジャニーズJr.として活動。その後退所し、2007年に矢口真里との交際がうわさされ、当時芸能人としての仕事のなかった魚谷は、“矢口のヒモ”といわれていました。その後、『AVない奴ら』というR‐18作品でAV男優役を演じ、AV女優との擬似セックスシーンを披露したのですが、その目に見える転落ぶりを嘆くジャニーズファンは少なくなかったはずです。ところが、福王寺との結婚で“逆玉”に成功。婿入りをして、現在、福王寺の仕事を手伝っているのですが、『金目当ての結婚なんじゃない?』などと嘲笑されています」(同)

 さらには、彼女の交友関係も、「キナ臭い」といわれるという。

「結婚式には、杉浦太陽・辻希美夫妻、紗栄子、ほしのあきらの芸能人が参加。また、福王寺のブランドのお披露目会には、熊田曜子、山下莉奈、加護亜依、浜崎あゆみらが足を運んでいました。ご覧の通り、炎上しがちな芸能人ばかりなんです(笑)。結局、金持ちの親の恩恵にあずかり、ブランドを立ち上げ、いわくありげな芸能人とつるむ……そんな姿が、ネットユーザーから『痛い』と思われているのでしょうね」(前出・芸能ライター)

 こうした背景から、好奇の視線を集めることとなった福王寺。盗作疑惑騒動では、一部ネットユーザーが、カルヴァンやモスキーノ、ルブタンに問い合わせをするという動きを見せている。福王寺にビッグスキャンダルが巻き起こるのも、そう遠くはないのかもしれない。

「ギャル曽根、メイク変!」と思ってたら、コイツか~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!