角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第54回

お受験終了! 「働くママは不合格」「バーキンを持っていけば合格」はウソだった

kadokawa53.jpg
受験前日の保育園でハロウィンイベント。今年も親子でコスプレです。ドレスを特注したお子さんもいました(笑)

 1年半の準備期間を経て、やっとお受験が終了しました。複数校合格し、日本一お坊ちゃんお嬢さんの(成り上がりはいません)多い共学校に春から通うことになりました。今の感想は「疲れた」につきます。実は、受験直前の10月22日、公園でお友達が誤って石を落とし、その下で遊んでいた娘の指に石が当たり、右手人差し指を骨折してしまうという事故が起きたのでした。病院に連れて行った私は、待合室にいる時「もう受験は終わった」と絶望……。

 最初に行った病院は「骨折は固定」という考えだったので、夕方に超音波や電気を使って早く治す、スポーツ選手が多く通う病院をあらためて受診。翌日から毎日リハビリに通いました。受験する小学校は全校、絵画、はさみ、体操があるので、4日目からお教室に復帰し、左手やそのほかの指を使ってできるように特訓しました。娘自身「ぜったい受かる!」と言いながら、受験の前日までリハビリに行ってからお教室に通いました。

 共学しか受験していませんが、共通した感想としては「共働きでも有名校に受かる」「保育園出身でも有名校に受かる」ということです。幼稚園に通うママの中には「私立小学校は専業主婦しか受からない」などと言っている人がいるそうですが、そんなのは真っ赤なウソ。言っているのは、きっと結婚して子どもができ、仕事を泣く泣く辞めた人たちでしょう。だから、仕事を辞めずに続けながら「私立に子どもを通わせたい」というママに、領域を侵されたくないのです。本音は、「仕事も私立も両方取りなんてずるい!」だと思います。どうかそんなママの話を信じないでください。

 区立の保育園からS心(女子校の名門)に受かった人を知っています。面接では「あ、保育園なのね」の言われつつも、合格しました。私立校はまず経営を考えますから、働き手が2人いる方が安心ですし、面接でお母さんの仕事について質問された時の答え方さえ間違わなければ問題ありません。実際、私もある学校で「お母さんも働いていますが、月1回の父母会には来られますか?」と質問され、「自分で経営している会社なので、時間の調整ができますので大丈夫です」と回答したら受かりました。また、お教室からは「願書の備考欄には、夫婦の最終学歴と現在の勤務先を書くこと」と言われました。働いているお母さんはぜひ勤務先を書いて学校を安心させてください。

お父さんの髭、ロン毛が許されるのは超有名人だけ!

 間違った情報ついでの話ですが、何カ月か前の「VERY」(光文社)に、読者のお受験体験談として「某学校だけはあえてバーキンを持っていくと受かると聞き、持っていったら合格しました」との記事がありました。この記事の影響かどうかは知りませんが、知っているママが受験した8校全部にバーキンを持っていって、全滅しました。「バーキンで某学校に受かる」なんて、大きな賭けすぎます。学校にはたくさん女性の先生もいますから、「こんな時バーキンを持ってくるなんて非常識」と考える先生も確実にいます。ブランドのかばんを選ぶのであれば、わかりにくいものにしてください。服はもちろん紺色です。私は入学式にも着られるようハロッズをお受験服として購入したのですが、控室に同じ服のお母さんが何人もいて笑えました。ほかの人とかぶりますが、デパートのお受験フェアに置いてあるような無難な服がやっぱり王道。ここで目立ってはいけません。あくまでも主役は子どもです。

 髪はもちろんまとめ髪で。お父さんは、髭はもちろんダメ。芸能人の子どもが多く通う有名校で遭遇したのは、ロン毛(笑)。いやー、受験の時だけなんとかならないですかね。その風貌で合格できるのは超有名人で、「髪や髭を剃ったら商品価値が落ちるからできない」と学校側が配慮してくれた場合のみだと思います。

 とにかく無事終わってよかったです。受験からお祝いディズニーランドを含めて11日間保育園を休んでいましたが、安全に普段通りの保育園を守っていたスタッフに感謝!

角川慶子(かどかわ・けいこ)
1973年、東京都生まれ。「角川春樹事務所」会長・角川春樹氏の長女。自身も元アイドルという異色の肩書きに加えて、ビジュアル系バンド好きで、元バンギャルの”鬼畜ライター”としても活躍。2011年9月1日に「駒沢の森こども園」をオープンさせる。家庭では5歳の愛娘の子育てに奮闘中。

「VERY」で私立ママグッズを勉強しなきゃ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  14. 『カウコン』意外な舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー