見事なブーメラン

不倫発覚のテリー伊藤、「矢口真里擁護」への手のひら返しに疑問の声

itouterry.jpg
ここがヘンだよテリー伊藤

 12日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)がスクープした矢口真里と梅田賢三の“不倫愛続行”だが、再炎上する矢口騒動とともに、プロデューサー・テリー伊藤の言動が疑問視されているという。

「かつては矢口に対して批判的な姿勢をとっていたのに、最近では手のひら返しで擁護側に回っています。今回の不倫愛続行報道に対しても、レギュラー出演する『スッキリ!!』(日本テレビ系)で、『(梅田と矢口の交際は)1つの(愛の)形ですから、とやかく言えないですね』と、完全に矢口をフォローしていましたからね」(週刊誌記者)

 テリーといえば、先日一部週刊誌で大々的にスキャンダルを報道されたばかり。そして、その内容は矢口と同じく不倫だった。

「10月31日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に、“第二夫人発覚”としてテリーが妻と別居していること、また20年近くに及ぶ不倫関係の女性が存在することを報道されています。矢口には当初、レギュラー出演する『サンデー・ジャポン』(TBS系)で『(不倫以外にも)もっと悪いことをやっている』と暴露して物議を醸したテリーですが、結局、自分も同じようなことをしていたわけです」(同)

 自身の不倫疑惑については、『スッキリ!!』『サンジャポ』でも完全スルー。特に『サンジャポ』では、出演者のスキャンダルを積極的にネタにする風潮があるものの、テリーの一件に関しては一切触れられることはなかった。

「テリーさんは『スッキリ!!』レギュラーとなった2006年頃から、まるで人が変わってしまったんです。世間体を気にし始め、携わっていた仕事も、イメージがよくないと判断すると『俺はもう関係ないから』と、急に手を引いてしまい、顰蹙を買っていました。さらに、歯に衣着せぬ物言いに見えますが、懇意にしている大手広告代理店が不利になるような発言はしない。テリーさんは、イメージと実像が離れている人物と、業界内でうわさされています」(制作会社関係者)

 番組キャスター、それも朝の生放送となればイメージを大切にするのは当然かもしれないが、テレビ以外のテリーの顔を知る関係者は、テリーのある恐るべき一面を明かした。

「あの人は気に食わないことがあると、すぐに手を出すことで評判が悪いんです。スタッフが何人も殴られているという企業が存在しているほどで、今や誰もが『テリーの担当だけはやりたくない』と愚痴っている有り様ですから」(出版関係者)

『スッキリ!!』『サンジャポ』ともに御意見番的ポジションに立つテリーだが、他人をぶった斬りする前に自身のスキャンダルに関する釈明を、ぜひ聞かせてもらいたいものだ。

『サンジャポ』仕事して!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー