しいちゃんの芸能解説講座【裏】

「見る気失せる」優香、「低視聴率王子」KAT-TUN・亀梨ら秋ドラマ不評作!

toukyobando-001.jpg
『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(日本テレビ系)公式サイトより

編集S 10月期のドラマがそれぞれ中盤に入ってきたけど、今期は苦戦している作品が多い印象だね。

しいちゃん 苦戦の代表といえば、川口春奈主演『夫のカノジョ』(TBS系)ね。ゴールデンタイムにもかかわらず、初回からいきなり視聴率4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と1ケタ出発、11月7日に放送された第3話は3.7%まで落ち込んだ。川口は、主演映画の舞台挨拶で「数字が怖い」とコメントしたり、8日付けの公式ブログでは「観てくれている人 応援してくれる人たちだけのために頑張ればいいんだ 誰からどう思われようが関係ない!! ただただ頑張ってるだけです」と書きつづったり、かなり落ち込んでいるみたい。裏番組が、米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)だから「仕方がない」と同情する声もある。『ドクターX』は、これまでの4話中3回は20%を超えてる大ヒット作品だからね。

編集S 米倉涼子のミニスカには、「小娘には負けないわよ」という意気込みを感じるわ。

しいちゃん もう1人苦戦している女優といえば、『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』(日本テレビ系)に主演している優香。11月2日付け「日刊ゲンダイ」に、「賞味期限切れ」なんて書かれてた。実際、ドラマは深夜帯とはいえ、初回5.6%から第5話には2.6%まで下がり、第6話で4.0%に戻ったものの低迷。優香演じる教師が、婚約者のいる年下男性に恋するという話なんだけど、優香が主演することが第1話放送まで明かされないという仕掛けが逆に悪評のモトになっちゃったみたいで、「名前を伏せる必要をまったく感じない」「優香とわかった段階で見る気失せる人が多いから隠したのか」「見る気がなくなった」「センスがずれてる」と初回から叩かれっぱなし。胸キュンしながら見ている主人公(32)と同世代女性もいるけど。

編集S 優香は女優に専念しているのにこの結果! やっぱり『王様のブランチ』(TBS系)に戻った方がよくない? それか志村けんにドラマを作ってもらって! でもさあ、年下男性と胸キュンといえばあのドラマでしょ。

しいちゃん 昼ドラ『天国の恋』(フジテレビ系)ね! ジャニーズJr.の高田翔が床嶋佳子演じる主婦に股間を掴まれたり、「俺とラブしてくれませんか?」と求めたり、「毛深いの嫌いスか?」と苔のような胸毛を披露したりと、なにかと話題の作品。過去に『真珠夫人』『牡丹と薔薇』(同)などドロドロの名作昼ドラを手がけた脚本家・中島丈博は、今回「エロスと死」をテーマにしていると語っているよ。視聴率はイマイチ(既報)だけど、話題性は十分。ジャニーズ史上伝説のドラマになるはず!

編集S 時々、高田翔くんが時折今井翼に見えるからジャニヲタ必見よ! 「婦長さん」こと毬谷友子のスピリチュアル狂いの演技と高田くんの色狂いの演技があいまって、「この世にまともな人はいない!」と絶望的な気分になるの。それがお昼の時間ってどういうことよ!

しいちゃん 「まともじゃない」の代表格・玉置浩二と、ジャニーズの「低視聴率王子」、KAT-TUNの亀梨和也主演の『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(日本テレビ系)も、視聴率は初回8.8%から徐々に下がり、第5回には6.2%に。でもやはり、「視聴率が全てじゃない」「心が温まる良質ドラマ」「派手さはないけど、見ていて心地よくなる作品」「あったかい雰囲気」と内容としては好評。父親役を演じている玉置浩二との期間限定ユニット「堀田家BAND」の「サヨナラ☆ありがとう」は、11月18日付けのオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得してる。

編集S 木村拓哉主演『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)も視聴率は伸び悩んでいるし、今はジャニーズが主演でもなかなか数字は取れないのよね。ここまで一切触れられてない、関ジャニ∞錦戸亮主演の『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』も7.8%まで落ちたしね。

しいちゃん そんな中、期待されているのは14年1月期ね。目玉は、嵐の松本潤が主演する月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)。今、ファンの間では、相手の女優が誰かで大論争になってるのよ(既報)。この作品の原作、水城せとなの同名コミックにはエッチなシーンもかなりあるから、それがどこまで忠実に描かれるかということでも話題になってる。

編集S もーみんな好きなんだからあ。嵐の中で濃厚なラブシーンがOKなのは松本くらいよね。もう全員30代なのに、いつまで優等生路線でいくつもりなのかしら。にゃんにゃん写真流出で「アイドルもセックスする」を証明した相葉ちゃんだって、ラブシーンはイケそうよ!

しいちゃん 関ジャニ∞の大倉忠義は、『Dr.DMAT』(TBS系)で民放連続ドラマ初主演が決定。医療組織「災害派遣医療チーム(通称:DMAT ディーマット)の隊員として、災害や事故現場で活躍予定。東京消防庁ハイパーレスキュー隊員役にHey! Say! JUMPの高木雄也も出演するの。ネットでは、まだ大倉がお茶の間での知名度が低いせいか「誰かわからない」という声や「大倉じゃ医者に見えない」という声も。さらに、「今のドラマは刑事と医者ばかり」とテーマそのものを疑問視する意見も少なくない。

編集S 確かに、今期の月9『海の上の診療所』(フジテレビ系)もそうだし、『ドクターX』もそう。他局とはいえ医療モノが多いイメージ。高齢化社会だから? じじばばは医者の恋愛にまで興味がああるの?

しいちゃん 1月期のフジテレビ系なんて、坂口憲二主演の『医龍4』と、伊藤淳史&仲村トオル主演の『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』が放送されるのよ。どちらも医療ドラマで人気シリーズの続編。さらに、三浦春馬が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘う『僕のいた時間』も放送。これには、「沢尻エリカのドラマ(フジテレビ系『1リットルの涙』2005年放送)のネタの使いまわし」「上っ面だけでお涙ちょーだいの内容にするんだろうな」「もう難病はいい」「時流を読めてない」「フジは使い回しのドラマが多すぎる」と放送前から酷評されてる。

編集S 脚本家は今年夏の『24時間テレビ36』(日本テレビ系)で嵐・大野智が主演したドラマ『今日の日はさようなら』の橋部敦子氏なのよね。正直、お涙ちょうだいドラマは『24時間テレビ』でお腹いっぱい。といいつつ、見たら泣いちゃうのよね。ババアになって涙腺壊れてるから!

しいちゃん ほかに、現在『安堂ロイド』を放送しているTBS系日曜劇場の1月期は、向井理と綾野剛主演の警察ドラマ『S(エス)-最後の警官-』が決定。テレビ朝日系の金曜ナイトドラマの枠には、剛力彩芽と玉木宏の『私の嫌いな探偵』だって。また剛力ちゃん、叩かれそう。

編集S 知らない役者が出たら「誰かわからない」と批判されるし、知ってる役者が出たら「またか」と批判されるし、主演選びって大変よね。ストーリーも、よくある設定でよくある展開だったとしても、逆に「それがいい」と視聴率が伸びる朝ドラ『ごちそうさん』(NHK)のような例もあるから、ドラマはフタを開けてみなきゃわからないわよ。とりあえず、ジャニーズの濃厚ラブシーンが多めのドラマをお願いします!

高田クンは斎藤工に見える瞬間もある!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決