キスマイが“お笑い路線”を邁進!? ジャニーズ若手楽曲の新機軸とは

20131102-kismyft.JPG
「舞祭組」の評判や、いかに……

【リアルサウンドより】

 Kis-My-Ft2のメンバーのうち、後列の4人である横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永が組んだユニット「舞祭組(ブサイク)」が、従来のジャニーズとは異なる路線でデビューし、注目を集めている。舞祭組は、SMAPの中居正広がプロデュース、作詞・作曲・振り付けまでを手掛け、これまであまりスポットを浴びなかった4人のキャラを、自虐的なユーモアを交えて演出しているのが特徴だ。

 11月12日深夜に放送された新音楽番組『Sound Room』(TBS)では、デビュー曲の『棚からぼたもち』を地上波で初披露。「僕たち四人で大丈夫なのか?」「いきなり注目厳しいかな」といったフレーズを、地味なスーツ姿でヤケクソ気味に歌うパフォーマンスに、ネット上では「舞祭組インパクトすごすぎ」「横尾さんの歌いっぷりが面白すぎてニヤニヤしてしまう」「想像してたのとだいぶ違うけど、これはこれでありだな」といった声が上がっている。

 いったいなぜ、Kis-My-Ft2は思い切った楽曲をリリースしたのか。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク