その他
『完全燃焼! 嵐フェスティバル2013』レビュー

アイドル誌やテレビ誌では未公開の名場面も! 『アラフェス ’13』最速フォトレポート

arafes13.jpg
『完全燃焼! 嵐フェスティバル2013』(鹿砦社)

 11月8日から嵐のコンサートツアー『ARASHI Live Tour 2013 “LOVE”』がスタートしました。ファンのみなさんはすっかりそっちのことで頭がいっぱいかもしれませんが、中には「どーせチケット当たってない!」「当たったけど参戦はまだ先!」という人も少なくないはず。「このソワソワする時間をライブDVDで埋めたい」と『アラフェス’13』のDVD化を首を長くしている方も多いのではないでしょうか。

 そんなあなたには『完全燃焼! 嵐フェスティバル2013』(鹿砦社)がおすすめ。こちらは、今年9月21日、22日に国立霞ヶ丘競技場で行われた『アラフェス ’13』の名シーンを余すところなくたっぷりと収録したフォトレポート。ファン待望の「COOL&SOUL」で、記者会見のデスクから飛び降りているシーンや、二宮和也のソロ曲「秘密」でメンバーが着ぐるみを着て踊り、汗だくになってしまったシーンも掲載しています。

 さらに! 他のアイドル誌やテレビ誌では未公開となっている、松本潤と二宮のバースデーパーティの様子を収録。いつも誕生日が近いメンバーがいるときはコンサートで祝福してきた嵐ですが、今回は、8月生まれの松本潤だけでなく、6月生まれの二宮もお祝い。松本と二宮のW30歳バースデー、これは貴重な名シーンになるに違いありません。しかも、櫻井翔と相葉雅紀が「大宮SK」の衣装を着て「櫻葉SK」に扮し、大野智が松本のソロ曲「Yabai-Yabai-Yabai」の衣装(07年)を着てシュータワーを運ぶというサプライズ! 松本と二宮も大爆笑。この上なくハッピーなフォトとなっています。

 加えて、21日のMCを完全収録。「みんな俺たちが、踊って苦しんでいるのが見たいんだ? まだやってるぜ、あいつら~ってヒヒヒ」と語る大野に、「ドSでしょ、それじゃあ」と相葉がツッコミ。メンバーのかわいらしい掛け合いにニヤニヤが止まりません!

 国立霞ヶ丘競技場は、2020年に開催される東京オリンピックのメイン会場となるため、2014年7月より立て替え工事が始まります。従って、嵐がこの会場でコンサートを行うのはこれが最後。国立競技場での6年間の総決算とも言えるメモリアルフォトは、ファンにとって宝物となるはずです。

 巻末には、8月24日から25日にかけて放送された『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(日本テレビ系)に密着したフォトレポートも掲載されています。2013年夏の嵐の活動がすべて詰まっている『完全燃焼! 嵐フェスティバル2013』全128ページ。どのページにも愛おしくてたまらない嵐がいっぱいです。

・『完全燃焼! 嵐フェスティバル2013』詳細はこちら

Jの顔が例年の3倍増しで濃い!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク