今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

楽天優勝、マー君フィーバーにあらためて思う、“良妻なし”ダルの偉大さ

darukiseki.jpg
『ダルビッシュ有“軌跡”~Keep the faith~』/東宝

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎アスリートの“女”たち
 楽天優勝! エース・マー君が大活躍できたのも、しっかりした奥さんが、美味しい料理とくつろげる環境を用意しているから。と、古臭~い気に入られ方でどんどん株が上がる里田まい。実在する「半沢直樹の嫁」として、これからも中高年の夢を紡いでいってほしい。

 一方、しっかりした奥さんもおらず、美味しい家庭料理も、くつろげる環境もないまま、成果を出しているダルビッシュ。すごいな。これで「いい奥さん」もらったりしたら、もう負け知らずかな。意外と逆に調子崩したりしないかな。

 単に「女の趣味が悪い」ってだけの話な気もするが。本当に、紗栄子から続くあのラインナップはすごい。ロイヤルストレートフラッシュ。大喜利なら満点だ。でも大喜利じゃないからな。紗栄子への送金に、古閑美保の家賃に、MALIAへは手付金か。まだ別れると決まったわけじゃないけども。しかしこりゃいくら稼いでも足りんな。久々に「おぬし、女難の相が出ておる」というフレーズを思い出してしまった。山本KIDもあれは女難の相だったってことなのか。

 久々にKIDのこと思い出してしまった。今何してんだろう。ネットで検索すればわかるんだろうが。検索するのが、怖い。

◎やんごとなき肩書に思うこと
 大変だ! トモちゃんがシンデレラになっちゃったぁ!! 

 ってまあ、よく考えるとそこまでスゴい話ではないのだが。でも、まあまあ驚きましたわ。

 「明治天皇の玄孫」かぁ。ちょっとクヒオ大佐的な匂いのするキャッチフレーズだが。別に真贋疑ってるワケじゃないんだけどね。そんなにやんごとなき出のお坊ちゃまなら、何で歯並び直さなかったのかな、とかね。いきなり初デートで銀座タニザワ(知らん)のバッグをプレゼントってのも、押し付けの強さが今から匂って。でも、トモちゃんが幸せになれるんなら、よかったよかった。

 今の一番の心配は、「オリンピック開会式でトモちゃん熱唱」が実現しかねないってことだな。ま、杞憂に終わりそうな気もするが。いろんな理由で。

◎油断させる女が一番怖い?
 長年、原田知世をずーっと起用していた「ブレンディ」のCMが、北斗晶一家バージョン放送!! 「スティックスティックスティック♪」のあのメロディに乗せて、まさか原田知世以外の人間が微笑もうとは。いやぁ驚いた。それよりさらに驚いたのが、北斗晶が「鬼嫁」を商標登録していたって事実。……いやぁ。すげぇ。小忙しく小汚いリアルママタレとして、今日も埼玉で頑張ってるんだな、壊した膝大丈夫か、なんてボンヤリ思ってたけど。小山薫堂レベルのこのビジネス嗅覚。月夜に釜を抜かれるとはこのことだな。くわばらくわばら。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク