その他
【ジャニーズ研究会レポート】

V6三宅健・長野博、Hey!Say!JUMPも! ジュリー派がバラエティに本腰!?

jnagano04.jpg
光GENJIの振り付け、盛り上がらなかったね~!

【ジャニーズ研究会より】

 バラエティ番組の出演に関して、昔から“縄張り”が存在しているジャニーズ事務所。しかし、最近になって各派閥について“異変”が起こっていることがファンの間でも騒がれています。かねてからバラエティは、SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏の飯島派が幅を利かせていましたが、嵐・TOKIOらを擁する藤島ジュリー景子副社長のジュリー派が続々とバラエティ出演を行っています。

 今年9月、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にA.B.C-Zの河合郁人・塚田僚一が出演し、ファンの間に衝撃が走りました。なぜなら同番組にジャニーズが登場するのは初だったからです。現在、A.B.C-Zは飯島派といわれており、ジャニーズの王道である王子様路線ではなく、バラエティを主軸に据えようとする飯島派の手腕に注目が集まっています。そしてこれに対抗してなのか、ジュリー派のタレントたちがこれまでにないバラエティへの進出を見せているのです。

 まずはV6の三宅健が、7月・9月と『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。「おっぱい大好き!」と叫ぶなど、ジャニーズらしからぬ過激発言を連発……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク